フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › 【フリーランスで在宅勤務は可能?】在宅ワークのメリット/デメリット、獲得方法および最新案件の紹介

【フリーランスで在宅勤務は可能?】在宅ワークのメリット/デメリット、獲得方法および最新案件の紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • note

昨今、政府の推進する働き方改革に加えてコロナ禍の影響により、在宅勤務の認知度は急速に高まりつつあります。
これに伴ってフリーランスを中心に在宅勤務にシフトしている人が増えていると聞きます。
そこでこの記事では在宅勤務をおさらいすると共に在宅フリーランスのメリット/デメリット、仕事の獲得方法および最新案件の紹介までをしっかりと解説します。

在宅勤務とは?

在宅勤務とは会社員が企業のオフィスに出勤せず、自宅を就業場所として働く勤務形態のことを指します。
次に在宅勤務を語る上で関連する用語解説と在宅勤務を始める際に必要な準備を説明します。

在宅勤務とは

テレワークとリモートワークの違いとは?

テレワークの語源は英語の「telework」です。
「tele = 離れた場所」と「work = 働く」を組み合わせた造語で「離れた場所で働く」という意味になります。
次にリモートワークの語源は英語の「remotework」です。
「remote=遠隔」と「work=働く」を組み合わせた造語で「遠隔で働く」という意味です。
テレワークとリモートワークは共にオフィスから離れた場所で働くことで一致しており、大きな違いがありません。
ちなみに一般社団法人の日本テレワーク協会では「テレワーク」を以下の4つに分類しています。

・在宅勤務
自宅を就業場所とした働き方を指します。同協会では自宅利用型テレワークと呼びます。

・モバイルワーク
移動中の乗り物(電車、旅客機、船舶等)を就業場所とした働き方を指します。

・サテライト/コワーキング
企業が用意したサテライトオフィスや有料の仕事場所を提供するコワーキングスペースを就業場所とした働き方を指します。

・ワーケーション
リゾート地の長期休暇を楽しめる地域を就業場所とした働き方を指します。

在宅勤務の準備

実際に自宅で在宅勤務を開始する場合、以下3つの準備が必要不可欠です。

・インターネット環境の準備
特にIT系のエンジニアであった場合、社内の基幹システムにアクセスします。このため自宅のネット回線は大量のデーターを高速でやり取りできる環境が必要不可欠です。
万一、自宅のネット回線が遅い場合、仕事が円滑に進められない恐れがありますので会社に高速回線の工事費用を出して貰いましょう。
この際、自宅のPCも確認してスペックの低いPCだった場合、高性能のPCを会社からレンタルすることをおすすめします。

・仕事環境の準備
独身であれば部屋の中で会議をしても誰にも迷惑が掛かりませんが、家族がいるとそういう訳には行きません。
例えば会議の声が家族に聞かれてしまったり、クライアントの個人情報が家族に見られたりするケースがあります。
このようなケースを回避するため、専用の部屋を用意できればベストです。
しかし、無理な場合は家族と仕事のスペースを分けるため、パーテーションを置くなどの工夫が必要です。
なお、自宅が仕事場になると「オンとオフ」の切り替えが困難になり、長時間労働に繋がる恐れがあります。
従って目の見える範囲に目覚まし時計を置き、勤務時間が終わったら仕事が途中でもきっぱりと仕事を終わらせましょう。

・セキュリティ環境の準備
基本的には会社のセキュリティーガイドラインに従って行動してください。
当たり前のことですが、自宅のPCを使う場合、必ずセキュリティソフトを使うことや業務外のサイトを閲覧しない等がトラブルを回避する予防となります。

フリーランスの就業実態

ここでは皆さんの関心が高いフリーランスエンジニアの就業実態について解説します。

在宅勤務の比率はどのくらい?

在宅のフリーランスエンジニアは、全体の10%程度であると言われています。
残り90%のエンジニアはクライアントのオフィスに常駐して通常勤務を行っています。

在宅勤務の多い仕事/少ない仕事

フリーランスエンジニアで在宅勤務を目指す場合、どんな仕事が良いのでしょうか。
ここではフリーランスエンジニアの求人で在宅勤務の多い仕事と逆に少ない仕事の2つに絞って説明します。

・在宅勤務の多い仕事
Webサイト制作やアプリケーション開発、システム改修等は個人で業務を完結し成果物を納品できるため、在宅勤務の求人が多い傾向にあります。

・在宅勤務の少ない仕事
フィールドエンジニアやインフラエンジニア、SE等の対面が前提の仕事や多くの人とコミュニケーションを取りながらの仕事は在宅勤務に馴染みません。このため、これらの仕事は在宅勤務は少ないです。

フリーランスが在宅勤務するメリット・デメリット

就業実態

フリーランスが在宅勤務をする場合、次に説明するメリットとデメリットをしっかりと理解してから求人の応募してましょう。

在宅勤務のメリット

在宅勤務をすることで得られるメリットは以下の3つです。

・時間や場所に縛られず仕事ができる
在宅勤務の最大のメリットは、自己の都合に合わせて仕事ができるということです。
幼いお子さんがいる人や家族に介護者がいる人は時間調整して仕事との両立が可能となります。

・人間関係の煩わしさが無い
従来のオフィスに出勤している時は同僚から仕事の相談を受けたり、気の合わない上司から突然の残業を要求されたりと人間関係のストレスが溜まることが多いです。
これに対して在宅勤務は人付き合いが大幅に軽減されるため、人間関係で悩むストレスが激減します。

・通勤時間が無くなり効率的である
在宅勤務を手に入れることで毎日、オフィスに通う必要がありません。
このため、通勤時間に費やしていた無駄な時間をジョギングや英会話等を始めることが可能となります。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務をすることで損なわれるデメリットは以下の3つです。

・仕事とプライベートの区別がつきづらい
在宅勤務になると自宅が職場となるため、公私の区別がつきづらいです。
勤務時間も全て自己の判断に委ねられるため、不規則な生活リズムにならないように規則正しい生活をしましょう。

家族の理解が必要
在宅勤務を手に入れる代償としてオフィスに準じる環境を自宅に用意する必要があります。
このため、仕事部屋の確保やリモート機器ツール等を用意するために家族の協力が必要不可欠です。

・自己管理の必要性がある。
オフィスに出社する必要がないため、タイムカードによる勤務管理や上司からの進捗管理等から開放される反面、全て自分で自己管理が必要となります。

在宅フリーランス案件の獲得方法

案件獲得

フリーランスが在宅勤務の案件を獲得するためには以下3つの方法があります。

案件求人紹介エージェントを活用

案件求人紹介エージェントはエンジニア、フリーランスの方に案件求人を紹介する会社です。
在宅勤務やワーケーション案件まで幅広い働き方に対応しています。
各エージェントで得意分野がありますので、評判やクチコミを頼りに自分の得意分野に強い会社を探しましょう。
専任コンサルタントを用意しているエージェントもありますので一度、相談する価値はあると思います。

知人/友人の紹介

最もポピュラーな方法ですが、過去の取引先や友人等に在宅案件の求人をお願いする方法です。
あなたを良く知る友人や知人は仕事の得意分野やキャリアを熟知していますので求人宣伝活動をしてして頂ける筈です。
すぐに結果に繋がらないかも知れませんが、中高年の場合は最も有効な手段であると言われています。

クラウドソーシング運営会社を活用

クラウドソーシング運営会社とはインターネットを通じて労働者と企業をマッチングさせる会社です。
該当企業の最大手はクラウドワークスとランサーズの2社が存在します。
掲載されいる業務案件は非常に多く、会員登録すればすぐに応募が可能です。
デメリットとして継続的な仕事を得るためには実績が必要です。このため、1年以上のキャリアを積まないと家族で生活可能な報酬を得るのは難しいと言われいます。

在宅フリーランスで必要なスキルの習得方法

フリーランスが在宅勤務を獲得するためにはどうすれば良いでしょうか。
最短距離のアプローチは、在宅勤務に適したスキルを習得することに他なりません。
具体的なプログラミング用語はRuby、PHP、Pythonがおすすめです。
なぜならこれらの言語はWebサービス開発やスマホアプリ開発と言った領域の仕事になりますが、ひとりで完結して成果物を納品できるため、在宅勤務に適しています。
次に該当プログラミング言語の習得方法は以下2つが有効です。

プログラミングスクールに通学する

これらの言語が未経験の場合は、プログラミングスクールに通いましょう。
最近のスクールは通学しなくともリモート環境で自宅で学ぶことが可能です。
また、現役エンジニアからの直接指導とスクール卒業後に就職支援も期待できます。

プログラミング学習サイトを活用する

プログラミング学習サイトは時間や場所は問いません。
このため、現在の仕事を続けながら空き時間を利用してプログラミングの知識やスキルを得ることができます。
デメリットとして学習サイトは指導者が不在のため、不明点があっても自己解決する必要があります。

まとめ

この記事では在宅フリーランスとして仕事の獲得方法とメリット、デメリットおよび最新案件の紹介をして来ました。
在宅フリーランスとして継続的な仕事を獲得するためには企業側から信頼を獲得する必要があります。
このためには時間を掛けて企業側と信頼のパイプを拡げて行く他ありません。
従いまして一丁一夕で信頼を獲得するのではなく、日々の業務の積み重ねで企業側の信頼を勝ち取りましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

【システムエンジニア(SE)の年収はどのくらい?】年齢別や会社規模別の年収比較から年収アップの方法を解説

ITエンジニアと言えば、すぐ思い浮かぶのはシステムエンジニア(SE)です。最先端のシステムを構築する花形な仕事で多くの年収を得ているイメージを持たれています。しかしながら世間一般の人々は、システムエンジニアの年収を知りません。そこでこの記事ではシステムエンジニアの年齢別や会社規模別の年収比較から年収アップの方法までを解説します。

プログラミング副業は本当に稼げるの?土日のみ・未経験者でも可能なのかまで幅広く解説

IT化により一層注目されているプログラミング!最近ではそんなプログラミングスキルを生かして副業を行う人が増えています。しかし一方では、 「プログラミング副業って稼げるの?」「未経験の人や、土日だけではやっぱりハードルが高いのでは?」 といった疑問や不安の声があるのも事実です。この記事ではそんなプログラミング副業に関して、興味があるけれども今一歩踏み出すことができない人に向けて、本当に稼げるのかという点はもちろん、プログラマーとしての働き方や副業によるメリット・デメリット・注意点まで幅広く解説します。

ERP開発とは

ERPとは、Enterprise Resources Planningの略であり、企業を経営していくにあたって基礎となる資源のヒト・モノ・カネ・情報を、適切に配分して効率化するための計画やプロジェクトのことを指します。

【組み込みエンジニアとは?】組み込みエンジニアの仕事内容、必要スキルから収入、将来性までを解説

ITエンジニアの中でもハードウェア系開発に属するのが「組み込みエンジニア」です。近年はIoTが様々な分野で活用されており、組み込みエンジニアの躍進が話題になっています。そこでこの記事では組み込みエンジニアの仕事内容、必要スキルから年収、将来性までを解説します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集