フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › Scalaの案件一覧

Scalaの案件一覧

現在の検索条件: Scala 
2
 1/1ページ 
フォスターフリーランスの案件の90%・4,500件以上は非公開案件!
紹介をご希望の方はこちらよりご登録ください。
並び替え: 新着順金額の高い順

Java /Kotoin/Scala 法人向けWebシステム サーバサイド開発

  • 50~80
  • 万円
  • 東京23区,六本木・神谷町・赤羽橋
  • 個人事業主
案件概要
サーバーサイドエンジニアとして、法人向けカードサービスの管理及び振込代行機能を備えたWebシステムの開発に携わっていただきます。 希望があればフロントサイドも含めて同時に開発していただくことも可能です。 <備考> 月1度のミーティング時のみ出社
おすすめポイント
Webシステムの開発のお仕事になります。
基本リモートですが、月1度のミーティング時のみ出社して頂きます。ご応募お待ちしております。
詳細を見る

Java リスク管理システム開発

  • 60~70
  • 万円
  • 港区
  • 個人事業主
案件概要
大手金融機関リスク管理システムの構築案件で、詳細設計~製造~UTまでを行います。 <主な環境> Java8, Kotlin, Hadoop/Spark, JavaScript, React.js, Vue.js, MySQL, AWS
おすすめポイント
Java系のリスク管理システム構築のお仕事になります。
ご応募お待ちしております。
詳細を見る

2
ご希望の案件がなかなか見つからない場合は
フォスターフリーランスが案件を紹介します!

フォスターフリーランスの案件は常時5,000件以上。Webサイトに公開している案件は
全体の10%です。高単価案件も多数あります!

検索条件を変えて検索する

現在の検索条件: Scala 

Scalaの特徴や魅力

Scalaは、Javaの開発を行っていたマーティン・オーダスキー氏によって開発されたプログラミング言語であり、オブジェクト指向(モノを組み立てるような言語)と関数型プログラミングを融合させたような言語となっています。

Scalaの特徴として一番良く言われていることは、Javaを動かすJVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)上で動作するため、Javaのライブラリをほぼ全て簡単に使えるという特徴です。
この特徴のおかげでScalaは、Javaで行う膨大な処理を簡単に記述できる優れものとなっています。

また、オブジェクト指向と関数型プログラミングを組み合わせた記述方法であるScalaは、記述する箇所の特徴によって両者のどちらで書くかを選ぶことが出来るため、柔軟な開発を行うことが可能となっています。

このような特徴を持って、 WebサイトやWebアプリケーション、スマホアプリ開発など幅広い開発に用いることのできるScalaですが、2003年の開発以来まだエンジニア人口としてはそこまで増えておらず、そのことがかえって市場価値の増加を促しているという傾向もあるかもしれません。

Scalaの習得難易度・勉強方法・資格

Scalaの習得難易度としては、オブジェクト指向と関数プログラミングの両方を理解する必要があることや、Javaの仮想マシン上で動くためJavaの理解もある程度必要であるという理由から、そこまで簡単なものではないと言えます。
一方で、Javaを書くことのできるエンジニアの方からすると、比較的習得は早いのかもしれません。

勉強方法としては、まず無料のWebサイトを使って基礎を学び、その後書籍などを一周してみるという方法が考えられます。
まだあまり人口がいないScalaは、オンライン教材などが充実している訳ではないため、書籍やミートアップへの参加もオススメかもしれません。
また、AtCoderやPaizaなどのオンラインコーディング問題を使って、実際にコードを書いてみると、習得が早くより実践に繋がりますよ。

Scalaの能力を保証する資格については、書いているエンジニアが少ないことや比較的短い歴史しかないことで、未だ有力なものがない状況となっています。
JavaについてのJavaプログラミング能力認定試験などでの代替や、基礎能力としての基本情報技術者試験などの受験を考えてみてください。

Scalaの将来性・市場

ScalaはJavaに変わる新言語として近年注目が集まっており、日本ではtoB向けのチャットサービスで大きな人気を誇るChatWorkや、エンジニアに限らず広い層のユーザー層に使われるはてなブックマークなど、有名サービスも開発に利用しているということで将来性が高いということができます。

また既存のサービスをPHPで書いている企業の中でも、PHPからScalaへの変更を行っている、もしくは検討している企業は多くあり、今後Scalaを用いた開発の求人や案件が増えていく未来が待っているでしょう。

一方で、日本だけで見るとScalaの市場はまだそこまで大きくないと言えます。
Scalaを書くことが出来るエンジニアの方はまだ少ないですし、求人や案件数自体もまだ豊富ではないということが現状かと思います。
一方で、一度Scalaのスキルを身につければ、市場にあるScalaの案件を優先的に取り組めるということも言えますね。

静的言語としての保守性とパフォーマンスの高さや、Javaとの親和性など、様々なメリットがあるScalaですので、今後市場が大きくなり、エンジニアの需要も高まっていくことが期待されます。

Scalaを書く際に使える主要なフレームワークとしては、以下のようなものがあります。

Play Framework

Rubyの「Ruby on Rails」やPythonの「Django」から影響を受けているPlay Frameworkは、JavaとScalaを使って作られたWEBフレームワークで、アプリのフロントエンドからバックエンドまで書くことのできる優れたフレームワークです。
動作も非常に早く学習コストも低いと言われているため、Scalaを勉強し始めた人に一番お勧めできるものと言えます。

Chaos

Scalaを使って、RESTサービスを作ることが出来るフレームワークです。

Finatra

Twitter社が開発している軽量Webフレームワークであり、Twitterが自社サービスを作成する際に実際に使っているため、その分信頼性が高いと言えます。

Lift

MVCで言う、コントローラーがない事が特徴のフレームワークで、Viewから開発を進めていくタイプのものになります。

一番上のPlay Frameworkが抜群の人気と知名度を誇りますが、それぞれに特徴がありますので自身にあったものを使ってみてください。

 気になる案件リスト0件)
最近見た案件 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集 
注目のキーワードから案件を探す