大庭 海斗さん|フリーランスの声

好きなこと+学ぶ、20代でITフリーランスになったストーリー

大庭 海斗さん
大庭 海斗さん
20代 サーバーサイドエンジニア
FN

こんにちは、今日はフリーランス20代の代表としてぜひ大庭さんの本音を語っていただければ と、よろしくお願いします。
まずは大庭さんのこれまでの経験をお話しいただけますか?

大庭さん

こちらこそよろしくお願いします。
自分は大卒後、消防設備点検の仕事を2年間行っていました、地元の沖縄で。

FN

え、ということは最初からIT業界の人ではなかった?

大庭さん

はい、いわゆるビルの天井に備え付けられた消防設備の点検がメインで、ルーティンワーク的な部分 はありましたが、それはそれでやりがいを感じておりました。

FN

なるほど・・・

大庭さん

入社して2年、そこでこれからの自分の人生をどうするか真剣に考えました。
で、見つけた答えがIT業界で働こう、まずはプログラマーになって、ゆくゆくはフリーランスエンジ ニアになろうと。

FN

それはまた大胆なお考え・・・・
未経験でIT業界へ、はありとしてもその時点ですでにフリーランスが大庭さんの視野に入っていたとは。

大庭さん

IT業界だったら東京で。
消防設備点検の会社を辞め、人生で初めて一人暮らし、東京移住、未経験からのプログラマーにチャ レンジしました・・・
ちなみにその時、初めてSUICAの存在を知りました(笑)

FN

正直、めちゃ大変だったんじゃないですか?東京での新しい人生は。

大庭さん

はい、その通りです。
なんせITの基礎用語から始まり覚えなきゃならないこと、勉強しなければならないことが毎日てんこ 盛り。
一方で自分は昔から大の勉強嫌い、自分の「思い」と「キャラ」のギャップにかなり苦しみしました。

FN

実東京でどんなキャリアを?

大庭さん

24歳からのIT業界スタート、一度転職をしたので「転職」への抵抗感は無くトータル4年間で3回転職をしました。
一番最初に入ったPJは業務システム開発だったのですが、、まぁいろいろとありまして・・・

FN

いろいろとありますよね。
で、去年、いよいよフリーランスになろうと思ったきっかけは?

大庭さん

もともと24歳の時点で30歳になったらフリーランスになろうと決めていたのでそれが少し前倒しになっただけ、 誤解を恐れずに言うと軽い気持ちでフリーランスになりました。
もっとも2か月間正社員希望で転職活動していたんですけど全部縁が無くて・・・(笑)

FN

それもまた人生ですね・・・・
フリーランスになられて約半年、今の状況はいかがですか?

大庭さん

わからないことがあればまずは自分で調べる、そして仲間に聞く、そして実践する・・・
すごく恵まれた環境で仕事ができていると思っています。

FN

フリーランスのスタートとしては大変良い状況かと、将来の展望は?

大庭さん

収入面ですと、近々父親の年収と同じか超えるところまで行ってみたいですね(笑)
あとは自分自身でアプリを制作し、アップルストアから認定を受け、「大庭アプリ」を世の中に 出してみたいと思ってます!

FN

立派なビジョン!でもそのために必要なこととは?

大庭さん

僕のキーワードは「好きなこと+学ぶ」、これですね。
嫌いな勉強でも、好きなことであれば自然に学ぶという行動に移せます。
フリーランスになった時から、「毎日10分勉強」を実践しているんですよ、この勉強嫌いの自分が・・・(笑)
そして気が付いたら1時間でも2時間でも勉強している自分がいたりしました。
プロフェッショナルを目指すのであれば、「やらなければならない」を「好きなこと」にどう変換できるか・・・
そこがポイントと思っています。

FN

IT業界未経験から立ち上がり、業界経験4年でフリーランスに。
そんな大庭さんから20代のITエンジニアにメッセージをお願いします。

大庭さん

「好きなだけ悩め、そして最後は自分で決断せよ」、ですね。
正社員がいいか、フリーランスがいいか、それに正解はありません。
大切なことは、どんな道に進むとしても「自分で決めたことだから」と胸を張って言えることじゃないでしょうか。
人から言われて、人から勧められてフリーランスになりました、だけは避けた方がいいと思います・・・
僕は未経験からIT業界に入ったことも、東京で一人暮らしを始めたことも、上司に怒られながらスキルを習得したことも、 29歳でフリーランスになったことも、全て後悔はしていません。
成功しているかどうかはわかりませんけど、まだまだこれからです。

<インタビューを終えて>
沖縄出身の大庭さん、まさにヤシの木やパイナップルが似合う性格。
ただ、全てをポジティブに語れるまでの道のりは決して平坦ではなかったはず。
人知れずの多くの苦労や悩みを乗り越え東京で輝いている大庭さん、ゆくゆくはお父さんの年収を超えて美味しい泡盛をプレゼントして あげて下さいね。

その他のご利用者様の声

youtube

フォスターネットのYouTubeチャンネルではフリーランスの声や役立つ情報などを配信しています!