フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › 転職エージェントの選び方、第一希望の会社に就職する

転職エージェントの選び方、第一希望の会社に就職する

  • Facebook
  • Twitter
  • note

転職エージェントは数多くあり、幅広い職種を取り扱う総合系のエージェント以外にもIT系、医療系といったように特定の業種を扱う専門系のエージェントがあり、企業規模も様々です。

今回は、第一希望の会社に転職するために、自分に合ったエージェントの選び方をご紹介します。

複数の会社に登録する意味

転職エージェントは1箇所に絞る必要はなく、何社でも利用できます。初めに数社に登録し、キャリアアドバイザーとの面談に臨みます。キャリアアドバイザーと相性が合うか、取り扱っている企業が自分の転職の方向性と合うかなどから判断し、利用するエージェントを絞り込んでいきましょう。

大手と中小のエージェントの特色の違い

大手の転職エージェントと中小の転職エージェントには、それぞれ特色がありますので、違いを理解しておくことも大切です。

大手の転職エージェントの特色

大手の転職エージェントは、求人の取り扱い件数が多く、転職実績が豊富です。データベースを検索し、条件に合った求人案件の紹介が行なわれます。求人先の企業をまわる営業と、求職者と企業のマッチングを行うキャリアアドバイザーが分業となっているケースが大半です。

画一的な対応になりがちですが、担当者の当たり外れがなく、安心して任せられることがメリットです。ただし、キャリアが浅い登録者の場合、求人の紹介があまり受けられず、大手のメリットを感じられないこともあります。

中小の転職エージェントの特色

中小の転職エージェントでは、特定の業界や職種に特化している会社が多くみられます。求人数は大手に比べると少ないですが、自分の転職したい職種に強い場合には、他ではみられないような案件の紹介を受けられることもあります。

個々の担当者の力量による部分が大きく、親身になってくれる担当者に当たれば心強いですが、相性の悪い担当者に当たってしまうこともあるかもしれません。

強引なエージェントは断ろう

転職エージェントの中には、強引に応募や面接を進めるところもあります。紹介料を目的としていることは、どのエージェントも同じですが、登録者のことを考えず、強引な対応を行うエージェントは避けるようにしましょう。

最後に確認したいポイント

これまでの業務経験や転職で目指す方向性によって、適切な転職エージェントは異なります。これまでのキャリアと転職で目指す方向性に無理がない場合には、積極的な対応が望めますが、キャリアが弱い場合には、転職エージェント側の積極的な対応が望めないこともあります。

まずは、自分の市場価値を知るためにも、転職エージェントに登録してみましょう。

ITキャリアオンラインおすすめ記事

転職活動のスケジュール、第一希望の会社に就職するために
正社員とフリーランスの違いとメリットデメリット
転職体験談、SEが就職する時に考えておくこと
PM資格、企業で評価されるプロジェクトマネージャ資格取得
ITエンジニアもチェックしたいIT企業の社長ブログ厳選!
 
  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

IT技術者とは?IT技術者の種類と、未経験からIT技術者になるステップ・必要な資格について

IT技術者は職業の人気ランキングの上位に挙がっています。これを受けて昨今、未経験からIT業界へ転職を目指す人が増加傾向にあります。一方で「IT技術者はどんな仕事をするのか?」や「IT技術者になるためにはどんな資格が必要なのか?」と言った疑問を良く耳にします。そこで今回は、IT技術者について主な職種7選と未経験からIT技術者になる転職方法を解説します。

最新のIT技術の動向・トレンド、これから求められるIT技術のスキルとは

メディアでは日々、ITに関する新しい情報で溢れています。このような環境下、第一線でITエンジニアとして続けて行くためには、IT技術に関する最新動向やトレンドを理解することが必要不可欠です。そこでこの記事ではIT技術の最新動向やトレンドを踏まえて今後、必要となるスキルを徹底解説します。

バックエンドって何?フロントエンドとの違いについても徹底解説

昨今、IT業界では様々なエンジニアが存在します。その中でも幅広い分野の開発現場で働くバックエンドエンジニアの需要が高まっています。一方で「バックエンドエンジニアとはどんな職種なのか?」、「バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアは何が違うのか?」等々の疑問を良く聞きます。そこでこの記事ではバックエンドエンジニアの概要とフロントエンドエンジニアとの違いやサーバサイドエンジニアとの違い、業務内容、平均年収までをしっかりと解説します。

ゲームテスターとはどんな職業?その仕事内容や年収、必要なスキルを解説

ゲームテスターという職業をご存じでしょうか? 仕事内容は、ただ、ひたすらゲームをするだけです。ゲームが好きな方なら「え? それが仕事になるの?」と驚かれるかもしれません。実際にゲーム開発会社では今も多くのゲームテスターが一日中、発売前のゲームをプレイしています。それがゲームテスターの仕事であり、ゲームテスターがいないとゲーム開発は不可能なのです。ここでは、そんな、ちょっと変わった仕事であるゲームテスターについて詳しく述べてみたいと思います。

データサイエンティストの年収は?仕事内容や必要なスキルを解説

データサイエンティストは年収が高い職業として知られています。 地域別に見ると都会では600万円から670万前後、地方では690万円から700万円台後半と高めとなる傾向があります。またデータサイエンティストが対象とするデータには色々な種類がありますが、これらの種類別に収入の差は見られません。データサイエンティストの仕事はデータを分析し、そこから有益な結果を引き出すことです。そして、その引き出した結果について、しっかりと明確な説明ができなければなりません。また、その結果の品質保証の基準となるものを示す必要もあります。そのため、数学、統計学、可視化などの多種多様な手法を心得ておかねばならず、多くの知識を要求されるので大変な勉強が必要ですが、来るべきAIの時代には必ず必要となる将来性は抜群の職業でもあります。 そんなデータサイエンティストについて詳しく説明してみましょう。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集