フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › ERP開発とは

ERP開発とは

  • Facebook
  • Twitter
  • note

ERPとは、Enterprise Resources Planningの略であり、企業を経営していくにあたって基礎となる資源のヒト・モノ・カネ・情報を、適切に配分して効率化するための計画やプロジェクトのことを指します。

そして、このERP開発をしていくエンジニアというのは、企業の無駄な部分や部門ごとの統合などを考えつつ、ERPパッケージを導入して、企業の全体最適のためにプログラム導入を行うITエンジニアのことを指すのです。

ERPパッケージとしては、統合型・コンポーネント型・業務ソフト型などの種類があり、それぞれオンプレミス型(自社導入・運用)かクラウド型の形どちらかで導入します。

今日本でシェアが高いのは、クラウド型のSAP Businessや奉行 V ERP、オンプレミス型のSMILEシリーズなどがあげられるでしょう。

業務としてはまず、無駄な部門や企業全体のワークフローを調査分析して、プロジェクトの目的を策定するとことから始まります。

そしてその後、目的に見合うソフトウェアを選定して、要件定義を行い準備を進め、最終的に企業全体が運用できるように配慮しながら導入を行うのです。

ERP開発スキルを身につけるには

ERP開発を行うエンジニアとして、技術的なスキルや実装能力は最低限必要となってきます。

またERPエンジニアには、根底となるサーバーや技術への理解とともに、各パッケージごとの知識やスキルも必要となってくることが特徴と言えるでしょう。

例えば、奉行やOracleなどの統合型パッケージでは、会計・財務・人事労務などにまつわる統合的な導入となるため、各分野に関する理解とSQLなどのデータベースへの理解、更にはパッケージをカスタマイズするためのコンサルティング能力や実装能力が求められます。

またオンプレミス型のERP導入では、クラウド型では必要のないモジュールの導入や、機器設置に関するサーバー・インフラへの知識が必要となってくるでしょう。

こうしたスキルを身につけるためには、それぞれのサービスを実際に導入する経験を積む他、OracleのERPなどに関しては公式サイトが提供する資格などの勉強を通じて知識を積んでいくことが考えられます。

また、クライアントの経営の流れやワークフロー全体を見て、人事・会計・営業などの基幹業務についての理解をするため、ERPエンジニア以外でのキャリアも役立つかもしれません。

ERP開発スキルに関連する資格と勉強方法

ERP開発エンジニアとしてのスキルを担保する資格としてはまず、国家資格である基本情報技術者試験や、その応用の応用情報技術者試験が挙げられます。

基本的なIT技術・理解を問うこうした資格を持っておくことで、ITエンジニアとして一定の能力を持つことが認められるかと思いますので、公式の参考書や問題集などを用いて学習を行い、資格の習得を目指してみてください。

また、会計分野の機能を導入するケースが多いERPエンジニアにとっては、簿記の資格を持っておくことで業務への理解力が認められ、実績に繋がるというケースもあります。

エンジニアと簿記・会計という2つはなかなか結びつきづらい分野ではありますが、簿記3級・2級程度を獲得していれば、会計関連の仕事でスキルを存分に発揮できるかもしれません。

簿記の勉強方法としては、まずテキストを読み込んで全部の問題について理解が出来るようになることが大切です。

そしてその後、模擬問題集や総仕上げ問題などで理解を確認するとともに、本番に向けた時間感覚などを養っていきましょう。

ITや会計などの資格を取得することで、自身のスキルを確約して職や案件獲得に繋げていけると良いですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

FOSTER FREELANCE 2021年度3Qレポート

フォスターネット広報です。弊社にて2021年度10~12月度(以下3Q)における、新規でご契約をさせていただいた案件のデータをもとに3Qの動向をまとめました。例年、10月は多くのプロジェクトで人材の入れ替わりが激しく大きく動く傾向がありますが、2021年の10月は特に多くの方が案件を切り替えられました。これは緊急事態宣言下で様子を伺っていた方たちが、コロナが一時的に収まったタイミングで案件の変更を希望されたと考えられます。

白色申告とは?そのやり方から青色申告との違い、提出方法まで幅広く解説[白色申告とは]

IT業界であってもフリーランス、個人事業主として働き始めた方は確定申告をしなければなりません。確定申告とは簡単に言うと「前年の1月1日から12月31日までの収入と支出」を税務署に報告し所得を計算し、それに従い所得税を納付することです。そしてフリーランス、個人事業主の方が確定申告をする場合、白色申告と青色申告という2つの申告方法があり、どちらかを選ばなければなりません。この2つの申告方法には、それぞれメリット、デメリットがありますが、最初は白色申告から始めるのが簡単で確実です。そこで白色申告について詳しく説明します。まず白色申告を覚えることが確定申告を知る基本でもあるからです。

白色申告とは?そのやり方から青色申告との違い、提出方法まで幅広く解説[ 白色申告の書き方 ]

白色申告の確定申告を行う場合、記入する書類は「収支内訳書」と確定申告をする人全員が作成する「確定申告書B」の2種類です。まず収支内訳書を作成し、それから確定申告書Bを作成します。順を追って記入内容をご説明致します。なお、書類は全て自動処理されますので、記入に当たっては黒のボールペンを使用して下さい。

個人事業主になるにはどうすればいいの?なるために必要な手続きやステップをもれなく解説

多様な働き方が存在する2020年代において、大きな注目を集めているのが「個人事業主」です。 個人事業主に対して漠然とした興味を持っていたとしても、個人事業主になるためにはどうしたら良いのか?がわからない方も多いかもしれません。そこでこの記事では、個人事業主にまつわる以下の項目について解説します。

フリーランスの確定申告を徹底解説!やり方や必要書類、注意事項など幅広く説明

特定の法人に属さないフリーランスや個人事業主の方は、確定申告を行うことで所得税を文字通り「確定」する必要があります。所得税の「確定」によって、住民税や国民健康保険料が決まるためです。 とはいえ、フリーランスや個人事業主の方の中にも、何故確定申告をしなければならないのか?その意義を把握していない方も少なくありません。 この記事では、フリーランスの確定申告について次の項目を解説していきます。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集