フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › ゲーム開発におけるスキルの身につけ方や関連資格について

ゲーム開発におけるスキルの身につけ方や関連資格について

  • Facebook
  • Twitter
  • note

ゲーム開発エンジニアとは、その名の通りユーザーが楽しむことのできるゲームを企画・開発して、その後のアップデートや運用を行なっていくITエンジニアとなります。

ゲームと言っても実際には対象とするゲームはたくさんあり、それぞれのゲームによって仕事内容も若干変わってくることが、このゲーム開発エンジニアの特徴と言えるでしょう。

まず初めにゲームと聞いて思いつくのが、家庭用ゲームです。

これは、PlayStationなどが含まれる分類であり、以前までは完全オフライン環境でのプレイを想定して作っていたのですが、近年ではオンライン対戦なども広がりつつあり、これら2つの環境を想定した開発を行う必要があります。

2つ目は、Web環境で行うオンラインゲームです。

これらはWebブラウザやPCでのプレイを想定しており、オフラインゲームの実装知識に加えてネットワークやサーバーへの理解が必要となる職種でしょう。

最後に想定されるものが、モバイルアプリゲームのエンジニアとなります。

多くのアプリが誕生するモバイルは、継続して使ってもらえるような仕組みづくりや企画力も必要となることが特徴です。

ゲーム開発スキルを身につけるには

こうしたゲーム開発エンジニアとして必要なスキルにはまず、ハードウェアに対する理解力が挙げられます。

特に、家庭用ゲームなどオフラインでのプレイを想定したゲームを開発していくためには、電子機器の構造設計についてしっかりと学んでからキャリアをスタートさせると良いでしょう。

次に挙げられるものは、C++やC#、JavaやRubyにUnityなどのプログラミング言語を操ることができるスキルです。

どのゲームを開発するとしても、実際にコードを書くことが出来なければ現場で活躍することは出来ませんので、教材での学習とともに自分で何か一つサービスを作ってみるなどして、スキルの向上に取り組んでみてください。

最後に、ゲーム中のキャラクターや動きを演算したりするための数学・物理の知識もスキルとして必要になってくるでしょう。

ユーザーに対して滑らかなプレイ体験をしてもらうためにも、キャラクターの動きやダメージ計算などを間違いなくゲーム中に組み込むことが大切なのです。

学校での学習を大切にするとともに、キャリアをスタートさせてからも参考書や教材によって学習を継続する姿勢が重要となるでしょう。

ゲーム開発スキルに関連する資格と勉強方法

ゲーム開発スキルを担保する資格としてはまず、ゲームエンジンであるUnityの能力を証明するUnity認定技術者というものが挙げられます。

アニメーションやアセット管理、更にはデザインなどゲーム開発やUnityに関する理解と技術を問うてくるこの資格を持っていれば、Unityでの開発を行っている会社での職や案件を獲得することに繋がるでしょう。

全6試験あるこの資格ですが、勉強方法としてはUnityがウェブ上に提供している学習教材を使うことが一番効率的な学習と言えます。

その後は、自らUnityを使って開発を行ってみたりゲームを作ってみたりすることで理解が深まるかと思いますので、ぜひ試してみてください。

また、CGや3Dスキルの証明に役立つ資格としてCGエンジニア検定という資格も存在しています。

ゲーム開発の際に必須となる座標や軸に関する質問や、モデリング技術やCGへの理解を問う質問が多いこの資格は、CGを駆使したゲーム開発をする際には非常に有用でしょう。

学習方法としては書籍での学習が中心になるかと思いますが、自分で手を動かすことも交えながらぜひ資格取得を目指してみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

【徹底解説!プログラミング言語の学習手法】勉強方法からお勧めな学習サービスの紹介まで幅広く伝授

文部科学省は、昨年から小学校の指導要領に「プログラミング教育」を追加しました。この背景にあるのはAIや人工知能の技術革新に伴い、将来、現在ある仕事の多くが自動化されると言われています。つまり、来たるべき高度情報社会に通用する人材育成が始まったと言って良いでしょう。このような中、「プログラミング言語を学んでみたいが勉強方法がわからない」、「そもそもプログラミング言語とは何?」との声を聞くことが多いです。そこでこの記事では、プログラミング言語の勉強方法からお勧めな学習サービスの紹介まで幅広く解説します。

【システムエンジニア(SE)の年収はどのくらい?】年齢別や会社規模別の年収比較から年収アップの方法を解説

ITエンジニアと言えば、すぐ思い浮かぶのはシステムエンジニア(SE)です。最先端のシステムを構築する花形な仕事で多くの年収を得ているイメージを持たれています。しかしながら世間一般の人々は、システムエンジニアの年収を知りません。そこでこの記事ではシステムエンジニアの年齢別や会社規模別の年収比較から年収アップの方法までを解説します。

プログラミング副業は本当に稼げるの?土日のみ・未経験者でも可能なのかまで幅広く解説

IT化により一層注目されているプログラミング!最近ではそんなプログラミングスキルを生かして副業を行う人が増えています。しかし一方では、 「プログラミング副業って稼げるの?」「未経験の人や、土日だけではやっぱりハードルが高いのでは?」 といった疑問や不安の声があるのも事実です。この記事ではそんなプログラミング副業に関して、興味があるけれども今一歩踏み出すことができない人に向けて、本当に稼げるのかという点はもちろん、プログラマーとしての働き方や副業によるメリット・デメリット・注意点まで幅広く解説します。

ERP開発とは

ERPとは、Enterprise Resources Planningの略であり、企業を経営していくにあたって基礎となる資源のヒト・モノ・カネ・情報を、適切に配分して効率化するための計画やプロジェクトのことを指します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集