フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › 話し上手になる、ミーティングが苦手なエンジニア

話し上手になる、ミーティングが苦手なエンジニア

  • Facebook
  • Twitter
  • note

人前で話すのが不得手であったり、言いたいことが上手く伝わらなかったりすると、ミーティングに苦手意識を持ってしまいがちです。

一人で作業をすることが多いITエンジニアですが、円滑に業務を進めるためには、ミーティングを通して共通認識を持つことも大切になります。

今回は、ミーティングで話し上手になる方法をご紹介します。

話し上手は、要点をまとめる

言いたいことが上手く伝わらない原因の多くは、何が要点かわからないことです。要点を3つ以内にまとめて、簡潔に伝わるようにしましょう。あらかじめミーティングの議題がわかっている、自分が伝えたい内容がある場合には、ノートに書き留めておくことがおすすめです。要点書いておくことで、落ち着いて話しやすくもなります。

理由や根拠を用意しておく

要点とともに理由や根拠まで話すと、説得力のある発言になります。しかし、そこまでまとめて上手く話せないのであれば、質問された場合に答えられるように、準備しておきましょう。質問にすんなり答えられれば、説得力が高まります。

先輩に事前に話す

上手く説明する自信がない場合、ミーティングで発言しようと思っている内容について、先輩や上司に相談しておくのも手です。話し方についてアドバイスを求めましょう。内容を理解している人がいれば、フォローしてもらえることも期待できます。しかし、いつまでも頼り過ぎていては成長できません。

フォローしてもらった場合には、話すべきことで足りなかった点、話し方が悪かった点を反省し、次のミーティングにつなげていきましょう。

聞き上手になる

他の人の発言に耳を傾け、特に話が伝わりやすい人、みんなの賛同を得やすい人の話をよく聞くようにしましょう。わかりやすい話し方をする人はどんな話し方をしているのか観察し、自分に取り入れられる部分がないか考えてみるようにします。

質問する時に否定の言葉は使わない

ミーティングでは、他の人の発言に疑問を持つことも起こりえます。質問する際には、相手に悪い印象を持たれないように、言葉を選んで話すことが大切です。相手を否定するように受け取られるような発言は慎むように気をつけましょう。

最後に確認して欲しい

ミーティングで話すのが苦手な人にとって、アドリブで思っていることを伝えるのは難しいものです。躊躇なく話せるようになるまでは、事前の準備を怠らず、話す内容を準備して臨むようにしましょう。

徐々に慣れてくれば、自然に発言ができるようになります。

 

おすすめ記事も是非読んでほしい

●職場のメンタルヘルスで仕事効率UP、気持ち整理術5選

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

IT技術者とは?IT技術者の種類と、未経験からIT技術者になるステップ・必要な資格について

IT技術者は職業の人気ランキングの上位に挙がっています。これを受けて昨今、未経験からIT業界へ転職を目指す人が増加傾向にあります。一方で「IT技術者はどんな仕事をするのか?」や「IT技術者になるためにはどんな資格が必要なのか?」と言った疑問を良く耳にします。そこで今回は、IT技術者について主な職種7選と未経験からIT技術者になる転職方法を解説します。

最新のIT技術の動向・トレンド、これから求められるIT技術のスキルとは

メディアでは日々、ITに関する新しい情報で溢れています。このような環境下、第一線でITエンジニアとして続けて行くためには、IT技術に関する最新動向やトレンドを理解することが必要不可欠です。そこでこの記事ではIT技術の最新動向やトレンドを踏まえて今後、必要となるスキルを徹底解説します。

バックエンドって何?フロントエンドとの違いについても徹底解説

昨今、IT業界では様々なエンジニアが存在します。その中でも幅広い分野の開発現場で働くバックエンドエンジニアの需要が高まっています。一方で「バックエンドエンジニアとはどんな職種なのか?」、「バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアは何が違うのか?」等々の疑問を良く聞きます。そこでこの記事ではバックエンドエンジニアの概要とフロントエンドエンジニアとの違いやサーバサイドエンジニアとの違い、業務内容、平均年収までをしっかりと解説します。

ゲームテスターとはどんな職業?その仕事内容や年収、必要なスキルを解説

ゲームテスターという職業をご存じでしょうか? 仕事内容は、ただ、ひたすらゲームをするだけです。ゲームが好きな方なら「え? それが仕事になるの?」と驚かれるかもしれません。実際にゲーム開発会社では今も多くのゲームテスターが一日中、発売前のゲームをプレイしています。それがゲームテスターの仕事であり、ゲームテスターがいないとゲーム開発は不可能なのです。ここでは、そんな、ちょっと変わった仕事であるゲームテスターについて詳しく述べてみたいと思います。

データサイエンティストの年収は?仕事内容や必要なスキルを解説

データサイエンティストは年収が高い職業として知られています。 地域別に見ると都会では600万円から670万前後、地方では690万円から700万円台後半と高めとなる傾向があります。またデータサイエンティストが対象とするデータには色々な種類がありますが、これらの種類別に収入の差は見られません。データサイエンティストの仕事はデータを分析し、そこから有益な結果を引き出すことです。そして、その引き出した結果について、しっかりと明確な説明ができなければなりません。また、その結果の品質保証の基準となるものを示す必要もあります。そのため、数学、統計学、可視化などの多種多様な手法を心得ておかねばならず、多くの知識を要求されるので大変な勉強が必要ですが、来るべきAIの時代には必ず必要となる将来性は抜群の職業でもあります。 そんなデータサイエンティストについて詳しく説明してみましょう。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集