フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › フリーランスを目指すSEに役立つおススメの厳選記事20

フリーランスを目指すSEに役立つおススメの厳選記事20

  • Facebook
  • Twitter
  • note

高度な専門性と技術を要求されるSE(システムエンジニア)の中には、会社員の枠に収まらず、フリーランスとして活躍している人が数多く存在しています。

大工や左官など「職人さん」と呼ばれている人たちに、自身の腕一本で生計を立てていく、言わば「フリーランス」として生計を立てている人が多いことを考えれば、SEも「職人」と呼ぶに相応しい職種と言えるでしょう。

ですから社会人となってそれなりの経験を重ねてきた誇り高きSEにとって、「フリーランス」は憧れでもあり、少なからず心を動かされたことがあるはずです。

しかし、同じSEという仕事で食べていくにしても、会社員とフリーランスでは、これほどかと思うほど大きな違いがあります。

フリーランスになって自身の腕一本で生きる喜びを感じ、収入が格段に増えるのならばこの上ない幸福ですが、いざ、独立してみて「こんなはずではなかった」ということになれば、それは強い後悔の念へと変わってしまいます。

まず、大事なことは、思い付きや漠然とした感覚でフリーランスを捉えるのではなく、その具体像やメリット、デメリット、体験者の声などの情報を集め、自分自身の立場に置き換えてじっくりと考えることです。

今や、わざわざ書店や図書館に足を運ばなくても同じIT業界の先達が作り上げた「インターネット」によって多くの情報を得ることができます。今回は、そんなフリーランスを目指すSEにおススメの20サイトを厳選して、ご紹介します。

正社員・契約社員・フリーランスの年収比較

SEがフリーランスを目指す理由の大部分は、自身の職人として道を極めたいという向上心に加え、やはり収入面であることに異論を挟む人はいないと思います。サイトのご紹介に入る前にまずは収入面について一般的な相場をご紹介しましょう。

IT企業で正社員として働くSEの年収は平均して500万円前後と言われています。外資系であればその1.5倍~2倍の年収を得ることも可能ですが、結果を出せなければすぐにリストラ要因となって首を斬られるシビアさと背中合わせでもあります。

また、契約社員や派遣SEの場合、一人あたりの月単価が100万円と言われており、経費等を差し引いて月60万円程度がSEの手元に入ると言われています。

契約社員や派遣SEだと、案件がなければ瞬く間に収入がゼロになることもありますが、安定して仕事を受注できれば場合によっては正社員よりも高い年収を得られる場合もあります。

一方、フリーランスSEは、顧客が払う報酬を「中抜き」されることがないので、同じ仕事をしたとしても多額の収入を得ることができます。

しかしながら、フリーランスになると、本業であるSE以外の仕事も多くなる他、営業活動や事務作業まで全て自分行う必要がありますし、相当のスキルと信頼が仕事の受注すらままならないことも多々あるのです。

ただ、「自身の腕一本で生きる」という不安とプレッシャーとそれに相反する挑戦心が交錯する中で働くことに生き甲斐を感じる職人気質のSEも少なくないそうです。

終身雇用や定期昇給と言った日本の企業スタイルが過去のものとなりつつあるとは言え、安定を求めるのなら正社員を、腕に覚えがあるならフリーランスという選択をするのが賢明であると思われます。

フリーランスと正社員との比較

フリーランスと正社員のメリットとデメリット

これだけ違う!会社員からフリーランス

フリーランスで働くことについて、メリットとデメリットをコンパクトにまとめているサイト。SEでも同じことが当てはまります。将来フリーランスを目指す人はぜひ見ておくべきページです。

SEはフリーになったほうが、稼げるよね?

フリーのSEの収入について書かれているコラムです。フリーになると一般的に、会社員の時代よりも収入が増えることがメリットと言われていますが、その現状は…

フリーランス体験談

だから私は常駐SEからフリーランスエンジニアになった

大手SIerから様々な会社で経験を積んでフリーランスになったSEの事例。フリーランスになろうと考えている方は必見の体験談です。

最終的に正社員として転職したK.Tさん

正社員→フリーランス→正社員というキャリアを歩んだケース。今会社に所属しており、正社員からフリーランスを目指す方だけでなく、フリーランスから正社員を目指す人にも参考になる転職体験談です。

フリーランスになる方法

フリーランスになる方法【総合編】

フリーランスになる!と、決めたらやるべきこと

フリランスになるにあたり、何が必要かが丁寧に書かれているページです。SEでフリーランスになる方法を知りたい方はまずこのページを見ておきましょう。

フリーランスになる方法【書類申請編】

個人事業主のための開業・廃業届出書の書き方と申請

個人事業の開廃業届出書の書き方について書かれているページ。これを見れば開業届の提出はばっちりです。

個人事業主のための青色申告承認申請書の書き方

所得税の青色申告承認申請書の書き方について書かれています。

自治体への届出

個人事業開始申告書の書き方について書かれているページです。自治体ごとに提出のルールが異なることに注意してください。

フリーランスになる方法【その他】

フリーランスになる準備をしよう!独立前に知っておいてほしいこと。

フリーランスの申請以外のことも書かれているページです。会社員のうちにしておくことがまとめられており、辞める前に読んでおくべきでしょう。

フリーランスになってからのエージェント選び

 レバテックフリーランス

業界でもトップクラスの案件紹介サービスです。取引先にも頻繁に足を運んでおり、エージェントの専門知識が豊富なことが特徴です。キャリア相談にも対応しており、どうすればフリーランスになればいいか分からないSEの方でもバッチリです。

レバテックフリーランス

 

ハッピーエンジニア

2005年から開始している案件紹介サービスです。エンドユーザや大手Sierのみならずベンチャー企業、中小企業など幅広く案件を取り扱っています。

ハッピーエンジニア

フォスターフリーランス (旧)スキルサーフィン

案件紹介サービスの一つ。フリーのSEのエンジニアを支援するサービスが豊富なことが特徴です。

フォスターフリーランス

 

エンジニアナビ

エンジニアナビは案件紹介だけでなく、フリーランスのSE同士の情報交換も行われています。初めてフリーランスとして働く方も安心できるサービスが多いことが魅力です。

エンジニアナビ

 

プロシート

こちらは週2日から働くことができる求人がたくさんあることが特徴です。短い日数で収入を得たいという方は必見です。

プロシート

グッドワークス

グッドワークスは2007年からスタートしたサービスです。エンドユーザーから直接依頼の案件が多いことが特徴です。

グッドワークス

ITプロパートナーズ

エンジニア、デザイナー、ディレクターなど自分のスキルで、IT/Web業界の起業家やフリーランスを自立サポートするサービスです。「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事をエージェントから紹介しています。

ITプロパートナーズ

Pe-BANK

首都圏コンピュータ技術者は豊富な案件数に加え、営業代行などのサポートが充実しています。

Pe-BANK

インディコ

indecoは担当者の返信が早く、スピード感のある対応をすることが特徴です。すぐにエージェントに相談してみたい方はおすすめです。

インディコ

A-STAR

A-STARはITエンジニア・Web業界で、10年以上も続けているサービスです。ニッチな条件、通常の求人媒体では扱っていないような案件が豊富なのが特徴です。
A-STAR

 

最後に確認して欲しいポイント

これまで、フリーランスを目指すSEにおススメのサイトをご紹介してきましたが、最も大切なことは、独立した結果が成功するにしろそうでないにしろ、「自分のした選択に後悔しない」ことなのではないでしょうか。

一度きりの人生の中で、人は人生を左右する大きな決断を下さなければならない瞬間に幾度か遭遇します。

SEを生業にしている以上、フリーランスになるか否かはその決断のひとつであるに違いありません。このページの情報が、決断の一助となれば幸いです。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

「freee開業」は便利?フリーランスでも開業届は出すべき?

個人事業主として事業を始める際の必須項目のひとつが「開業届」です。 フリーランスの方も所轄の税務署に開業届と青色申告承認申請書を提出することで、税金の優遇措置を受けるメリットが得られます。 ここでは、開業届などの書類作成に便利なサービスである「開業freee(フリー)」に関する以下の項目を解説します。

フリーランスで抑えておきたい健康保険の基礎知識と種類、それぞれの違いについて解説

フリーランスとして働く際には、企業に勤める方とは異なる保険に加入することが義務付けられています。 基本的には国民健康保険ですが、国民健康保険のほかにも2年間限定の「任意継続」などの保険も選択可能です。 ここでは、フリーランスの保険の種類に関する次の項目を解説します。

開業届の正しい書き方・必要書類徹底解説!提出の流れやタイミングまで幅広くご説明します

働き方の選択肢が多様化したこともあり、個人で事業を行う方も増加傾向にあります。個人で事業を始める際に必要となるのが、「開業届」の所轄の税務署への提出です。 開業届が未提出のままでは、税金の優遇措置が受けられません。事業者としての金融機関への口座開設も難しくなるなどのデメリットが発生する可能性も。この記事では、開業届にまつわる次の項目を解説します。

個人名義での領収書の書き方徹底解説!項目ごとの記載方法や印鑑に関してまで幅広く説明

ビジネスにおいてお金の管理をするうえで、領収書は必要な書類のひとつです。フリーのエンジニアの場合、ご自身で領収書を作成することになるかと思われます。 その一方で、領収書の書き方や管理に関するルールを正しく把握しているか?と問われた際に、明確に答えられる方が多いとは言えないのも事実です。 この記事では領収書にまつわる次の項目を解説します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集