フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › サーバサイドってどういうもの?サーバサイドエンジニアに求められるスキルとは

サーバサイドってどういうもの?サーバサイドエンジニアに求められるスキルとは

  • Facebook
  • Twitter
  • note

サーバサイドとは、インターネット上のサービスにおいてユーザーが使うPCやスマートフォンではなく、プログラム実行の処理を行ったり、データ管理を行ったりするサーバー側のことを言います。

また、こうしたサーバサイドにおける処理やデータ管理に関するコードを書くエンジニアのことを、サーバサイドエンジニアと呼び、ユーザーの目に見えるデザインやレイアウトを記述するフロントエンドエンジニアと分けて区別することが多いです。

サーバサイドを書くためのプログラミング言語としては、コンパイラ型言語(コンパイルしなければ実行できない言語)であるJava、C、C++などと、インタプリタ型言語(コンパイルしないでそのまま実行可能)であるPHP、Ruby、Pythonなどがあげられ、サーバサイドエンジニアになるためにはこうしたプログラミング言語に関する知識と実装経験が求められます。

サーバサイドエンジニアの主な職務内容は、サーバー側で行う処理にのプログラムを開発することや、サーバーで扱うデータ管理やデータベースへのアクセスを開発することがあり、基本的にはユーザーの目に触れない部分のコードを記述するのが主です。

サーバサイドスキルを身につけるには

サーバサイドエンジニアとして必要なスキルとしては、まず上で挙げたようなコンパイラ型言語やインタプリタ型言語の知識と実装経験が必要となります。

スクールや教材などで言語学習を行うとともに、自らサービスを作ってみて実践的な経験を身につけていくことが良いでしょう。

またプログラミング言語と同時に、それを使いこなすフレームワークなどに関する知識と経験も必要となってきます。

Rubyの場合はRails、PHPの場合はCakeのように、言語ごとに主要なフレームワークがありますので、教材やWebサイトなどで学習してください。

さらに、サーバーの開発と保守運用をするというだけあって、データベースやセキュリティに関する知識と理解はやはり必要となります。

データベース管理システムであるMySQLなどは、サーバサイドを管理する際に必ず用いるものですので、言語やフレームワーク学習と同時に使い方と構造を学んで実際に使えるようにしておきましょう。

こうした言語や構造に対する理解とともに、プロダクト全体を見渡せるビジネス感覚とコミュニケーション力があれば、更に良いサーバサイドエンジニアになれるはずですので、意識してみてください。

サーバサイドスキルに関連する資格と勉強方法

サーバサイドを管理して開発していくスキルを担保する資格としてはまず、マイクロソフトの認定試験であるData Management and Analytics試験が挙げられます。

この資格では、SQL管理やデータへのアクセスなどについて広く聞かれることとなりますので、サーバサイドへの理解としては非常に有効でしょう。

また、LPI-JAPANが行っているLinux技術者の技術者認定資格は、Linuxシステムの管理やサーバ構築、データベース管理などに関する知識と技術を担保する資格となっています。

Linuxに限られてしまう部分はありますが、持っておいて損はないと言えるのではないでしょうか。

これら2つの資格の勉強方法としては、まず資格の問題傾向や範囲を知るために過去問や参考問題を解いてみることをお勧めいたします。

しかし、サーバサイドに関する資格は非常に覚えることが多く、過去問だけでの対策では不安になる方も多いかもしれません。

実務経験のある方はおそらく大丈夫かと思いますが、初心者び方はアプリやクラウドサービスなどを使って実際にコードを書いてみることが確実に頭に入る方法かと思いますので、試してみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

FOSTER FREELANCE 2021年度3Qレポート

フォスターネット広報です。弊社にて2021年度10~12月度(以下3Q)における、新規でご契約をさせていただいた案件のデータをもとに3Qの動向をまとめました。例年、10月は多くのプロジェクトで人材の入れ替わりが激しく大きく動く傾向がありますが、2021年の10月は特に多くの方が案件を切り替えられました。これは緊急事態宣言下で様子を伺っていた方たちが、コロナが一時的に収まったタイミングで案件の変更を希望されたと考えられます。

白色申告とは?そのやり方から青色申告との違い、提出方法まで幅広く解説[白色申告とは]

IT業界であってもフリーランス、個人事業主として働き始めた方は確定申告をしなければなりません。確定申告とは簡単に言うと「前年の1月1日から12月31日までの収入と支出」を税務署に報告し所得を計算し、それに従い所得税を納付することです。そしてフリーランス、個人事業主の方が確定申告をする場合、白色申告と青色申告という2つの申告方法があり、どちらかを選ばなければなりません。この2つの申告方法には、それぞれメリット、デメリットがありますが、最初は白色申告から始めるのが簡単で確実です。そこで白色申告について詳しく説明します。まず白色申告を覚えることが確定申告を知る基本でもあるからです。

白色申告とは?そのやり方から青色申告との違い、提出方法まで幅広く解説[ 白色申告の書き方 ]

白色申告の確定申告を行う場合、記入する書類は「収支内訳書」と確定申告をする人全員が作成する「確定申告書B」の2種類です。まず収支内訳書を作成し、それから確定申告書Bを作成します。順を追って記入内容をご説明致します。なお、書類は全て自動処理されますので、記入に当たっては黒のボールペンを使用して下さい。

個人事業主になるにはどうすればいいの?なるために必要な手続きやステップをもれなく解説

多様な働き方が存在する2020年代において、大きな注目を集めているのが「個人事業主」です。 個人事業主に対して漠然とした興味を持っていたとしても、個人事業主になるためにはどうしたら良いのか?がわからない方も多いかもしれません。そこでこの記事では、個人事業主にまつわる以下の項目について解説します。

フリーランスの確定申告を徹底解説!やり方や必要書類、注意事項など幅広く説明

特定の法人に属さないフリーランスや個人事業主の方は、確定申告を行うことで所得税を文字通り「確定」する必要があります。所得税の「確定」によって、住民税や国民健康保険料が決まるためです。 とはいえ、フリーランスや個人事業主の方の中にも、何故確定申告をしなければならないのか?その意義を把握していない方も少なくありません。 この記事では、フリーランスの確定申告について次の項目を解説していきます。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集