フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › 付箋を効率よく使いTODOをしっかり把握、タスク管理

付箋を効率よく使いTODOをしっかり把握、タスク管理

  • Facebook
  • Twitter
  • note

毎日のタスク管理どうやっていますか?パソコンやスマホのアプリで管理する方法もありますが、意外と付箋を使うアナログな方法も便利です。

今回は、付箋を使ったタスクの管理方法をご紹介します。

一日一枚付箋使用法

朝一番にその日やることを大き目の付箋に書き出します。そして、重要度や緊急度の高いものには星印などをつけておきましょう。星印のついたものからやっていき、終わったら線で消していくというシンプルな方法です。業務の途中で新たなタスクが発生したら、すぐその場で終わるものを除き、書き足していきます。

終わらなかったタスクは、翌日用の新たな付箋に書き写します。やり終えないタスクが増えてくると、日々の業務に支障が出てきますので、翌日に繰り越すタスクは最小限にとどめたいものです。この作業によって一日の業務を振り返れますので、業務効率のアップも期待できます。

重要度で一週間のタスクを色分

右側がスケジュール欄、左側がフリースペースとなったウィークリータイプのスケジュール帳を用意します。3色ほどの付箋を用いてタスクを重要度に応じて色分けして記入し、右側のページに貼っておきます。スケジュールの確認をしながら、今何からするべきかが一目瞭然となります。週単位で業務スケジュールを考えたい人に向いた方法です。

カレンダーで月ごとに管理

カレンダーと小さ目の付箋を用意します。付箋にタスクを記入し、タスクをこなす予定の日に貼っておきます。予定が変わった場合には、貼り直すだけでスケジュール変更が可能です。翌月も同じタスクの発生が見込まれる場合には、タスクの終了時に付箋を捨てず、翌月に貼っておくと新たに付箋を作成する手間が省けます。事務作業などで、月単位で毎月同じようなタスクが発生する人に向いています。

スケジュール未確定に付箋

スケジュール帳に打ち合わせや会議の予定、タスク等を記入している人は、付箋と併用する方法もあります。日時の決まらない予定や、いつやるか決められないタスクのみ付箋に記入し、スケジュール帳の仮の予定の日などに貼っておきます。打ち合わせ等の予定が決まったら、スケジュール帳に書き入れて、付箋は破棄しましょう。

タスクは完了したら捨てていきます。まだ予定が立っていないタスクを把握しやすくなります。

最後に確認してほしいポイント

付箋でのタスク管理は担当業務や個々の性格によって、やり方に向き不向きがあります。
これらの方法を参考に自分が管理しやすい方法を見つけましょう。

ITキャリアオンラインおすすめ記事

●スマホ タスク管理術(iPhone)

●デスクトップの整理で、仕事の効率を上げる
 
●仕事術、ストレスを軽減する方法を学びモチベーションアップ
  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

IT技術者とは?IT技術者の種類と、未経験からIT技術者になるステップ・必要な資格について

IT技術者は職業の人気ランキングの上位に挙がっています。これを受けて昨今、未経験からIT業界へ転職を目指す人が増加傾向にあります。一方で「IT技術者はどんな仕事をするのか?」や「IT技術者になるためにはどんな資格が必要なのか?」と言った疑問を良く耳にします。そこで今回は、IT技術者について主な職種7選と未経験からIT技術者になる転職方法を解説します。

最新のIT技術の動向・トレンド、これから求められるIT技術のスキルとは

メディアでは日々、ITに関する新しい情報で溢れています。このような環境下、第一線でITエンジニアとして続けて行くためには、IT技術に関する最新動向やトレンドを理解することが必要不可欠です。そこでこの記事ではIT技術の最新動向やトレンドを踏まえて今後、必要となるスキルを徹底解説します。

バックエンドって何?フロントエンドとの違いについても徹底解説

昨今、IT業界では様々なエンジニアが存在します。その中でも幅広い分野の開発現場で働くバックエンドエンジニアの需要が高まっています。一方で「バックエンドエンジニアとはどんな職種なのか?」、「バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアは何が違うのか?」等々の疑問を良く聞きます。そこでこの記事ではバックエンドエンジニアの概要とフロントエンドエンジニアとの違いやサーバサイドエンジニアとの違い、業務内容、平均年収までをしっかりと解説します。

ゲームテスターとはどんな職業?その仕事内容や年収、必要なスキルを解説

ゲームテスターという職業をご存じでしょうか? 仕事内容は、ただ、ひたすらゲームをするだけです。ゲームが好きな方なら「え? それが仕事になるの?」と驚かれるかもしれません。実際にゲーム開発会社では今も多くのゲームテスターが一日中、発売前のゲームをプレイしています。それがゲームテスターの仕事であり、ゲームテスターがいないとゲーム開発は不可能なのです。ここでは、そんな、ちょっと変わった仕事であるゲームテスターについて詳しく述べてみたいと思います。

データサイエンティストの年収は?仕事内容や必要なスキルを解説

データサイエンティストは年収が高い職業として知られています。 地域別に見ると都会では600万円から670万前後、地方では690万円から700万円台後半と高めとなる傾向があります。またデータサイエンティストが対象とするデータには色々な種類がありますが、これらの種類別に収入の差は見られません。データサイエンティストの仕事はデータを分析し、そこから有益な結果を引き出すことです。そして、その引き出した結果について、しっかりと明確な説明ができなければなりません。また、その結果の品質保証の基準となるものを示す必要もあります。そのため、数学、統計学、可視化などの多種多様な手法を心得ておかねばならず、多くの知識を要求されるので大変な勉強が必要ですが、来るべきAIの時代には必ず必要となる将来性は抜群の職業でもあります。 そんなデータサイエンティストについて詳しく説明してみましょう。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集