フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › 仮想化ってなに?特徴や魅力と、スキルを身につける方法

仮想化ってなに?特徴や魅力と、スキルを身につける方法

  • Facebook
  • Twitter
  • note

仮想化・サーバーの仮想化とは、物理的な1台のサーバー上で複数の仮想的なサーバーを運用することによって、プロセッサやメモリなどのリソースを分割して、サーバーにかかるコストや負荷を削減する事ができる方法のことを言います。

リソースを分割させているからこそ、それぞれの仮想サーバでOSやアプリケーションを実行させることができ、それぞれを独立したコンピュータのように使用することができる事が特徴です。

仮想化の魅力としてはまず、1つのサーバに複数のサーバを集約する事ができるため、サーバリソースを有効活用する事ができるという点があります。

部門ごとにサーバを導入してもそれぞれの使用率が低く無駄が出ているという場合は、サーバの集約と仮想化ソフトウェアの活用によって効率的にサーバを活用できるのです。

また、新しいOSに対応していない既存のアプリケーションに関しても、仮想化環境では最新のサーバ上で運用することができるということも大きな魅力の一つでしょう。

ハードウェアの障害時や災害時のサポートやバックアップに関しても、仮想化をする際の大きなメリットですね。

仮想化の習得難易度・勉強方法・資格

サーバーやネットワークなどにおいて、仮想化環境を構築して運用をしていくというスキルを習得するためには、仮想化についてその原理や構造を理解するとともに、VMware社の「VMware vSphere」や、Microsoft社の「Hyper-V」などのサーバ仮想化のための製品について理解をする必要があります。

これらを一から理解するということは非常に難しく、インフラエンジニアやサーバエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、経験を積んでから仮想化業務に入る事が一般的と言えるのではないでしょうか。

勉強方法としては、ネットワークやインフラ設計への理解に加えて、仮想化という概念を学べるような書籍を読んだ後に、それぞれの製品について学習をしていく事がオススメされます。

仮想化技術に関する資格としては、NPO法人「パソコン整備士協会」が提供する、仮想化技術に関する基本的な理解を問う「仮想化基礎検定」というものがあります。

汎用性があり、様々なものの土台として役立つこの資格をまず獲得する事で、仮想化への理解を証明して就職や案件獲得に繋げてみてください。

仮想化の将来性・市場

サーバーエンジニア・インフラエンジニアにとって、近年では仮想化についての理解や技術は、今後生き延びていくために必須のものとなってきており、今後の将来性は高いということができるでしょう。

サーバーが無制限に増えると、運用・維持していくコストも際限なく増えてしまいますし、CO2を大量に排出してしまうという点で環境にとっても悪く、今後仮想化による無駄の削減が進んでいくことは間違いないかと思います。

そしてそうした仮想化を行う職種や案件の市場も、これから更に発展していくことが見込まれるでしょう。

現在でも、サーバーやネットワークの仮想化環境での仕事・案件は求人サイトに多く掲載されていますが、今後サーバーを複数台使って運用を行なっているサービス・企業が仮想化に踏み出す度に、こうした技術への需要は高まるため、市場自体がどんどん大きくなっていくのです。

こうした高い将来性と大きな市場を持つ仮想化ですので、サーバーエンジニア・インフラエンジニアとしてのキャリアを考えている方は、ぜひ学習をして案件・仕事を獲得してみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

【システムエンジニア(SE)の年収はどのくらい?】年齢別や会社規模別の年収比較から年収アップの方法を解説

ITエンジニアと言えば、すぐ思い浮かぶのはシステムエンジニア(SE)です。最先端のシステムを構築する花形な仕事で多くの年収を得ているイメージを持たれています。しかしながら世間一般の人々は、システムエンジニアの年収を知りません。そこでこの記事ではシステムエンジニアの年齢別や会社規模別の年収比較から年収アップの方法までを解説します。

プログラミング副業は本当に稼げるの?土日のみ・未経験者でも可能なのかまで幅広く解説

IT化により一層注目されているプログラミング!最近ではそんなプログラミングスキルを生かして副業を行う人が増えています。しかし一方では、 「プログラミング副業って稼げるの?」「未経験の人や、土日だけではやっぱりハードルが高いのでは?」 といった疑問や不安の声があるのも事実です。この記事ではそんなプログラミング副業に関して、興味があるけれども今一歩踏み出すことができない人に向けて、本当に稼げるのかという点はもちろん、プログラマーとしての働き方や副業によるメリット・デメリット・注意点まで幅広く解説します。

ERP開発とは

ERPとは、Enterprise Resources Planningの略であり、企業を経営していくにあたって基礎となる資源のヒト・モノ・カネ・情報を、適切に配分して効率化するための計画やプロジェクトのことを指します。

【組み込みエンジニアとは?】組み込みエンジニアの仕事内容、必要スキルから収入、将来性までを解説

ITエンジニアの中でもハードウェア系開発に属するのが「組み込みエンジニア」です。近年はIoTが様々な分野で活用されており、組み込みエンジニアの躍進が話題になっています。そこでこの記事では組み込みエンジニアの仕事内容、必要スキルから年収、将来性までを解説します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集