フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › WordPress習得を目指す駆け出しエンジニア仕事獲得ロードマップ

WordPress習得を目指す駆け出しエンジニア仕事獲得ロードマップ

WordPressはオープンソースのブログソフトウェアです。商用目的でも無料で利用することができ、機能が充実していることから全世界39%ものWebサイトがWordPressで作成されています。

▼参照URL
https://ja.wordpress.org/


WordPressはオープンソースなので、世界中から参加している多くの開発者によってバージョンアップが繰り返され、ユーザーは常に新しい機能を利用できます。

プラグインをインストールすれば様々な機能を実装でき、ブログばかりでなく、その汎用性の高さからWordPressをコーポレートサイト作成に利用する企業も増えています。

さらに極めると、WordPressの内部構造を理解し、カスタマイズスキルを向上させることで、自らプラグインを制作したりテンプレートを公開するなど、いくらでも深掘りできます。カスタマイズによっては、世界にもひとつしかないようなサイトを自由自在に制作することも可能な、クリエイター冥利につきる分野の1つです。

WordPress案件はフリーランスにとって、とてもいい案件となることが多いです。この記事では、WordPressをこれからしっかりと学びたい初心者エンジニアのために、WordPress役立つ情報を集めてみました。WordPressの案件獲得までのロードマップ、Web制作で役立つ素材(テンプレート、プラグイン、画像など)をご紹介していきます。

WordPressって何だろう??

WordPressとはサイトやブログを作成できるソフトウェアです。このようなソフトウェアのことを総称してCMS(コンテンツ管理システム)と言います。名前の通り、サイトやブログは、管理者の発信したい情報をコンテンツにしてウェブ上にて公開するものですよね。何年も続くブログのような膨大な情報量を管理するのはとても大変ですよね。ウェブ関連のコーディングの技術が少ない人でも、そのような管理が簡単にできるようにWordPressはオープンソースにて開発されています。

エンジニア初心者にWordPressがオススメな訳

初心者にも簡単な設計

WordPressを使うと、プログラミングの知識がなくとも、記事を公開することが簡単にできます。新規のサイトも簡単に構築することができる点もWordPressの魅力でしょう。また、後ほどご紹介するテンプレートやプラグインを活用することで、開発のスピードをギュッと短縮してクオリティの高いサイトを納品することもできます。

学習人口が多い

WordPressの普及率が高いことも初心者にオススメできる1つの理由です。プログラミングなどで時間的コストが膨大になる1つの理由として、エラーにどう対処するのかわからないという問題があります。WordPressのようにより多くの人が使うソフトウェアであればあるほど、自分と同じ問題を抱える人がいる可能性が高くなり、万が一問題にぶち当たってしまっても、解決策がネット上に公開されていることが多くなるので、サクサク学習を進めることができるのです。

高単価な案件も多い

WordPressの案件の中には、一案件あたり数十万円になるものもあります。フリーランスとしての単価も比較的高めな案件の1つと言えるでしょう。また、クライアントの信用をしっかり獲得すると、WordPressを定期的に更新していく長期案件を任せてもらえることもあります。

手離れがいい

サイト開発を担当するエンジニアの立場からすると、WordPressで構築したサイトは、記事やお知らせ等の更新をブログと同じような感覚で行うことができるため、手離れが良いとされています。もちろん、しっかりとしたページデザインやメンテナンス性の高い構成にしておくことが重要ですが、細かな更新作業はクライアント側に委ねることができることがメリットとなるでしょう。1つの案件毎にしっかり区切りがつけられることができるのもWordPressならではの特徴です。

エンジニアのWordPress案件ってどんなもの?

webデザイン

WordPressを使った案件にはどのようなものがあるのでしょうか?WordPress案件はクライアントが個人であるのか、法人であるのかによって、値段の相場や仕事内容は大きく変化しますが、一般には以下のような案件があります。

1からサイト制作

WordPressを使って、Webサイトやブログを一から作成する案件です。この類の案件は、WordPress案件の中では比較的大きな案件です。もちろん、1から作成するので、そのための労力や時間も他の案件に比べると大変なものですが、その分単価も高くなります。例えば、企業のWebサイトの立ち上げだと単価が10万円を超えるものも多く存在します。

機能のマイナーチェンジ

次に、サイト自体はできているけれど、細かい部分を調整したいというニーズがあります。このようなニーズに対しては、「テーマ」の詳細を調整するというお仕事があります。すでに出来上がっているデザインの細部を変更するので、WordPressの知識なしでは、難しい印象があります。HTML/CSSを使って、サイトの外観を装飾したり、JavaScriptを使って、サイトの動的な動きを調整する案件です。また、サイト自体の構築に関わるPHPを使った案件もあります。

WordPress案件を獲得するために必要なこと

WordPressで構築されたサイトは開発言語にPHPが使用されてるため、PHPに明るくない人にとってはカスタマイズは至難の業です。

そこで活用したいのが、テンプレートやプラグインです。公開されているテンプレートやプラグインを組み合わせれば、わざわざPHPの学習までやらなくても、クライアントを満足させるだけの機能を実装したサイト構築が可能です。

WordPressを今から始めようという方には、簡単なお仕事を受けるまでのロードマップをご紹介します。

ここで紹介するロードマップとしては、大きく次の5ステップです。
・サーバとドメインの知識をつける
・WordPressの設置方法について知る
・WordPressテンプレートについて知る
・プラグインについて知る
・素材の集め方を知る

サーバーとドメイン知識を身につけよう

サーバーとは利用者の要求に対して、それに対応するデータを提供するコンピュータやプログラムのことです。レンタルサーバーを契約するとは、そういった普段触っているものとは違うコンピューターの機能の一部をレンタルするというイメージでいいでしょう。
WordPressエンジニアとして活動するためには、まず、レンタルサーバーとの契約方法などについて、どのような流れで契約をするのかということを肌で感じましょう。レンタルサーバーサービスの中には、お試し期間を設けている会社も多数あるので、どのように契約してどのようなことができるかを把握するためにお試し期間を使わせてもらうのもいいでしょう。その場合には、お試し期間から本契約にどのように移り変わるのかをしっかり確認するようにしてくださいね。

サーバーが準備できたら次はドメインも用意してみましょう。一般にドメインとは「インターネット上での住所」というように例えられます。ウェブサイトのURLやメールアドレスなどに使われていて、調べたい情報がネット上のどこにあるのかを示しています。

WordPress設置経験を積もう

サーバーとドメインが準備できたら早速WordPressの設置にうつりましょう。ドメインを配置して、そのドメインにWordPressを配置します。レンタルサーバーを契約した場合には、そのレンタルサーバーの説明にしたがって、設置をすることができるでしょう。たったこれだけのことではありますが、どのような流れで配置ができるのかわかれば、仕事を受けるときにはとても大事な経験になります。

テンプレートテーマを探そう

WordPressの一番の特徴とも言えるテンプレートの登場です。テンプレートの選び方によって、作るサイトの形や雰囲気、役割が変わるといっても過言ではないので、テンプレート選びにはこだわりましょう!

テンプレートの中には、無料のものと有料のものがあります。もちろん、無料のものは無料で、有料のものは有料であるだけのことはあります。近年は無料の中でも、質の高いものが増えてきているそうですが、無料のものは、何か不具合や疑問が起きた時にサポートがないというデメリットもあります。一方で、有料のものは、お金はかかるものの、独自でカスタマイズしたくても、質や機能が担保されています。サポート体制が整っているのも有料テンプレートの強みと言えますね。

クライアントとしっかり話をしながら進めるのであれば、テンプレートサイトの中からクライアントの求めるものをヒアリングして、どのようなサイトを目指すのかという共通認識を作っておくことも、仕事をする上でとても大切なことですね。

プラグインを追加しよう

テンプレートだけで、何もかも解決するほど、世の中甘くありませんね。クライアントの要望を叶えるためには、テンプレートでは実現できないこともたくさんあります。そのような時に、頼りになるのが、プラグインです。テンプレートはサイトの外観や構造を決定する要素です。一方で、プラグインは、サイトの中の詳細な機能を拡張するためのツールです。例えば、写真がフワーって浮き上がってくるサイトとかをご覧になったことはないでしょうか?普通であれば、何も動きのない写真やテキストに動きをつけるなどの、ちょっとしたオシャレな機能を付け足してくれるものから、セキュリティやSEOなどのゴリゴリのバックエンドの機能のサポートなど、プラグインの種類は多岐に渡ります。

素材探しをマスターしよう

WordPress特有のものでなくても、サイトの構築には画像やイラストなどの様々な素材が必要です。サイト全体をどのようなデザインにするかによって、どんな素材を集めなくてはいけないかも変わってきます。また、最近では、サイトの中に動画を埋め込むとこともあります。素材に関しても、有料無料ありますが、どれくらいのクオリティを求められているのか、その素材は商用利用が可能なのかなど、フリーランスとして、クライアントさんに満足してもらえる素材選びができるようになるといいですね。

WordPress案件を獲得するためのオススメアクション

WordPress案件を獲得するためにオススメなのは、単純なことではありますが、一度WordPressに触れてみることです。フリーランスのエンジニアとして、活動していく上で、自分だけのサイトを構築することは必ずプラスになります。サイトを運用することで、新規のクライアントと出会う可能性もあります。また、直の営業や、クラウドソーシング、エージェントを介してなど、クライアントとのコミュニケーションには様々な形がありますが、そこで自分のポートフォリオとして、作成したサイトを見せるだけで新しいお仕事に繋がるかもしれませんね。

自分自身の知識経験だけでなく、お仕事のツールともなり得るアクションです。WordPressエンジニアとして活動を考えている方には、ぜひ、一度WordPressで簡単なものでもサイト作成にトライすることをオススメします!

これで準備OK!WordPress制作で便利な素材サイト集

ここまでは、どのようにWordPress開発を始めるのかを簡単にまとめました。ここからは、さらに踏み込んで、各ステップでどのようなサイトを参照したらいいのかをまとめています。実際にWordPressで作業しながら、次に紹介するサイトからテーマテンプレートやプラグイン、素材の運用を実践してみましょう。

WordPressテーマ(テンプレート)

~2015年 : 無料で使えるクオリティの高いWordPressテーマ 120より

Webマガジンやニュースサイトにおすすめのテーマ
1.JustWrite  
2.Magazine  
3.Looki  
4.Black and White  
5.Bloggr  
6.Anew  
7.Tracks  
8.Franklin  
9.Nova
10.Oxygen  
11.Perkins  
12.Garfunkel  
13.Forcefull  
14.Sparkling 
15.Baskerville  
16.Courier  
17.Gimme5  
18.Crates  
19.Karo  
20.Cobera  
21.Impero  
22.GoPress  
23.Xmax  
24.Dazzling  
25.Reco  
26.Triton  
27.Time  
28.Griffin  
29.New Lotus

ブログにおすすめのテーマ
30.Wilson  
31.Waves  
32.DW Timeline  
33.Flat  
34.Aquarius  
35.Rams  
36.Finch  
37.Hoffman  
38.Daily  
39.Editor 
40.Perfetta Caffe  
41.Gibson  
42.Sueva  
43.Life Is Good  
44.Moments  
45.Time  
46.Cody  
47.Radcliffe  
48.Saga  
49.Blogger  
50.Bravo  
51.Casper  
52.Scylla  
53.Sean  
54.Stargazer  
55.MetroX  
56.Ignite  
57.Amphion  
58.Diarjo  
59.WPtuts  
60.Newsted  

ポートフォリオにおすすめのテーマ
61.Fukasawa  
62.Onesie  
63.Pure  
64.Sensible  
65.Creative  
66.Minimable  
67.Elegant
68.Art Works
69.StanleyWP
70.Portfolio
71.Slider
72.Portfolio
73.Ravel  
74.Personal  
75.Asteria  
76.Feature  
77.Freedom  
78.Bizz  
79.I Am One  

企業や団体、お店のサイトなどにおすすめのテーマ
80.Business  
81.Zerif Lite  
82.Pinnacle  
83.Flatter  
84.The App  
85.Cuda  
86.Ultimate  
87.CleanPort Lite  
88.Libra  
89.Alhena  
90.Virtue  
91.Lawyeria Lite  
92.Home Version II  
93.Interface  
94.Business  
95.Spacious  
96.Hotheme  
97.Constructize lite  
98.Esteem  
99.Brew House  
100.FitCoach  
101. WP Jurist  
102.Parallax Me  
103.Corporate  
104.Stendhal  
105.Attitude  
106.Accelerate  

写真や動画などギャラリーサイトにおすすめのテーマ
107.Snaps  
108.Portra  
109.Gridsby  
110.Big Video  現存せず。

ミニマルなテーマや自作のテーマを作る時のベースとなるテーマ
111.Readly   
112.Expositio  
113.Discover  現存せず。
114.Cudazi Mono  
115.Minimaliste  
116.Meet GavernWP  

ECサイトで使うことができるテーマ
117.Sporta  
118.MyStile  
119.Santa Cruz  
120.Storefront 

プロが選ぶ!WordPressプラグインおすすめ50選

(マーケティング・Web・ビジネス・キャリアのブログメディアMarkeHackより)

集客・マーケティング系プラグイン
1.All in One SEO Pack
簡単にWordPressのSEO対策が行えるプラグイン

2.WordPress SEO by Yoast

All in One SEO Packを高機能にしたSEOプラグイン

3.Yet Another Related Posts Plugin
記事内にその記事と関連性の高い記事を設置できるプラグイン

4.Breadcrumb NavXT
サイトにパンくずリストを生成・表示するプラグイン

5.Google XML Sitemaps
SitemapXMLを生成・管理することができるWordPressプラグイン

6.WP Social Bookmarking Light
投稿ページ・固定ページにソーシャルメディアのシェアボタン(共有ボタン)を表示・管理できるWordPressプラグイン

7. Jetpack パブリサイズ共有
投稿が公開された時に、同時にソーシャルメディアにも自動的に投稿することができるWordPressプラグイン

8.Subscribe2
WordPressに多機能なメールマガジン、メール配信機能を追加できるプラグイン

9.Contact Form 7
簡単にサイトへ問い合わせフォームを設置できるWordPressプラグイン

10.Contact Form 7 add confirm
「Contact Form 7」に確認画面を追加できるプラグイン

11.MTS Simple Booking C
WordPressに簡易的な予約システムを追加できるプラグイン

12.Search Meter
サイト内のフリーワード検索内容を解析できるWordPressプラグイン

13.Jetpack サイト統計情報
WordPress管理画面でサイトのアクセス解析ができるプラグイン

UI&UX系プラグイン
14.Akismet
記事に対するコメントのスパムを見分けて排除してくれるWordPressプラグイン

15.WP Total Hacks
20項目以上のWordPressのかゆいところに手が届く設定が可能なプラグイン

16.WP-PostViews
サイト内に人気記事一覧を設置できるプラグイン

17.WP Browsing History
サイト内に履歴記事一覧を設置できるWordPressプラグイン

18.Table of Contents Plus
記事内に目次を設置できるプラグイン

19.TablePress
簡単にテーブルを設置・管理することができるプラグイン

20.Jetpack コメント
読者がWordPress.com、Twitter、Facebookアカウントでログインしてコメントを残せるようになるプラグイン

21.PS Auto Sitemap
ユーザー向けのサイトマップHTMLページを簡単に作成できるWordPressプラグイン

22.Child Pages Shortcode
そのページの子ページ一覧を表示することができるプラグイン

23.Multi Device Switcher
PCとスマートフォン・タブレットでみた時のテーマを切り替えることができるプラグイン

24.WP To Top
ページのトップへ戻るボタンを表示できるプラグイン

25.WP-PageNavi
記事一覧の移動を「前の10件・次の10件」という移動だけでなく、[1] [2] … [10] などのナビゲーションも表示できるプラグイン

26.Simple Local Avatars
投稿者ごとに独自のアバター画像を設定可能にするプラグイン

27.VK Post Author Display
記事の投稿者情報を表示できるプラグイン

28.Edit Author Slug
投稿者アーカイブに表示される「Author Slug」の値を別の値に変更できるプラグイン

29.Custom Post Type UI
WordPressでカスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを利用する際におすすめのプラグイン

30.Advanced Custom Fields
WordPressの記事やページに様々な項目(カスタムフィールド)を追加できるプラグイン

31.Unveil Lazy Load
サイト利用者のスクロールに応じて画像を遅延読込させるためのWordPressプラグイン

32.EWWW Image Optimizer
画質を落とさずに画像を圧縮して容量を軽くしてくれるプラグイン

33.Head Cleaner
ソースコードを最適化してサイト表示速度を向上させるプラグイン

34.W3 Total Cache
WordPressサイトの表示速度の高速化のために、キャッシュの導入やサーバーの設定を容易に行うことができるプラグイン

35.WP-Polls
WordPressサイトの投稿記事内や固定ページ、サイドバーなどのウィジェットに手軽にアンケートフォーム機能を設置できるプラグイン

運用効率化系プラグイン
36.TinyMCE Advanced
WordPressのビジュアルエディターに様々な機能を追加したり、カスタマイズできるようにするプラグイン

37.Preserve Editor Scroll Position
記事を下書き保存したりした際に、エディタのスクロール位置を保持できるWordPressプラグイン

38.AddQuicktag
記事を作成する際に、よく使う独自のソースコードやタグ、定型文などをエディタへ登録しておけるWordPressプラグイン

39.Duplicate Post
すでにある記事を複製できるプラグイン

40.Auto Post Thumbnail
記事本文の先頭に入れた画像を、自動でアイキャッチ(記事一覧に表示されるサムネイル)に設定してくれるWordPressプラグイン

41.Video Thumbnails
YouTubeやVimeoなどの動画サービスのサムネイル画像を取得し、WordPressのアイキャッチに自動的に登録できるプラグイン

42.AmazonJS
Amazonアソシエイトのリンクを記事内に簡単に設置できるプラグイン

43.Multi Plugin Installer
WordPressのプラグインを一括でインストールできるプラグインです。これからサイトを作る方や、複数のサイトを運営していく際にはプラグインのインストールは意外と時間のかかる作業

44.Shortcode Manager
ショートコードを設置・管理できるWordPressプラグイン

45.P3 (Plugin Performance Profiler)
どのプラグインがWordPressへ負荷をかけているのかをチェックできるプラグイン

46.Better Delete Revision
ワンクリックで過去のリビジョンをすべて削除し、データベースを軽量化するプラグイン

47.BackWPup
WordPressのデータベースとファイルのバックアップができるプラグイン

48.WP Maintenance Mode
サイトをメンテナンス表示にできるWordPressプラグイン

49.Redirection
自サイトのあるURLを別のURLへリダイレクトさせる設定ができるWordPressプラグイン

50.User Role Editor
WordPress管理画面で複数のユーザーを細かく権限管理できるプラグイン

51.Adrotate
WordPress上で広告の管理ができるプラグイン

52.WP BASIC Auth
WordPressにBASIC認証をかけることができるプラグイン

素敵なサイトには素敵な素材!イチオシ写真サイト

写真サイト
1.足成
アマチュアカメラマンのサイト。登録不要。

2.Lucnix
海外サイトですが、写真が美くオシャレです。

3.2000ピクセル以上のフリー写真素材集
高画質にこだわったサイト。また、使用連絡・クレジット不要

4.Pro.foto
プロカメラマンによる写真が商用利用・加工可能

5.PAKUTASO
写真の雰囲気も現代風で使いやすく、他のサイトと比べて人物のキャラが立っています。

6.BEIZ Graphics
風景や植物などの写真が主で、かなり高画質

7.FreePixels
海外サイトのため、異国ならではの風景写真が豊富

8.写真AC
幅広いカテゴリーに対応していますが、少々ダウンロードに時間がかかります。

9.tadapic
商用利用OK・クレジット表示不要の画像素材サイトの横断検索サイト

10.ctive Photo Style
商用利用可の写真提供サイト。風景の写真が多い。

イラストサイト
1.Illust AC
バラエティーに富んだイラストが入手可能

2.VECTOR PARADE
アイコンものが中心

3.ソザイジテン
人物とオフィスのポップなイラストが中心

4.styraise
アイコンものが中心

5.ピクト缶
アイコンものが中心。カテゴリーが多くメルヘンチックな印象

特化型イラストサイト
1.フキダシデザイン
吹き出しに特化したイラスト提供サイト

2.デザイン枠、飾り罫素材専門サイト Frame Design
デザイン枠、飾り罫に特化したイラスト提供サイト

3.矢印デザイン
矢印に特化したイラスト提供サイト

4.シルエットデザイン
シルエットに特化したイラスト提供サイト

5.ヒューマンピクトグラム2.0
Webで使えるアイコンやボタン、背景画像を揃えたサイト

Web制作関連素材サイト
1.テンプレートキング
アイコンやボタン、背景画像などベーシックな素材が揃う。

2.商用利用可のWEB素材が無料な素材屋
Webデザイナーが提供する素材。ポップなものが多い。

3.取り放題.com
素材の点数が圧倒的に多く汎用性が高い。

総合素材サイト
1.ソザイング
サイトに必要な素材がひと通り集まるサイト

2.Printout Factory
ビジネス文書テイストの素材総合サイト

まとめ

この記事では、WordPress案件受注に興味のある初心者エンジニアのために、WordPress案件獲得までのロードマップと、そのために参照できそうなテーマテンプレートが掲載されているサイトやプラグインのサイト、素材サイトをまとめました。上記のサイトを押さえておけば、使いたいプラグイン、画像素材などが見つかると思います。WordPress学習やサイト制作がより効率よくスピーディに進むこと間違いないので、活用してください。

おすすめ記事

VB/VBAの特徴や魅力

VB(Visual Basic)とは、Microsoft社によって1990年代に開発されたプログラミング言語であり、Windows上で動作する様々なアプリケーションを作成することができるものです。一方、VBA(Visual Basic for Applications)とは、マイクロソフト製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語であり、ExcelなどのOffice環境が使えるものとなっています。

【Pythonとは?】注目されるプログラミング言語の基本から活用事例までを詳細解説

ITエンジニアに今、最も注目されているプログラミング言語はPython(パイソン)です。注目される理由としてPythonはAI(人口知能)や機械学習の分野で活用されるプログラミング言語として絶大な支持を受けているに他ありません。そこでこの記事ではPythonの用語説明から特徴や学習方法、活用事例までを解説します。

仮想化の特徴や魅力

仮想化・サーバーの仮想化とは、物理的な1台のサーバー上で複数の仮想的なサーバーを運用することによって、プロセッサやメモリなどのリソースを分割して、サーバーにかかるコストや負荷を削減する事ができる方法のことを言います。

【エンジニアリングとは?】ITエンジニアリングの種類から主要な言語、将来性までを解説

昨今、ニュースや新聞を賑わすキーワードにAIや5Gがあります。これらのキーワードはITエンジニアリングに関する言葉ですが、語源となる「エンジニアリング」をご存知でしょうか。この言葉は技術職に一般的ですが、的確に理解して説明できる人は僅かです。そこでこの記事ではエンジニアリングの用語説明から種類、主要な言語、将来性までを解説します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集