フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › 働く場所を自由に選べるフリーランス

働く場所を自由に選べるフリーランス

  • Facebook
  • Twitter
  • note

働く場所を自由に選べるのは、フリーランスの魅力の一つですが、全員が好きな場所で働いているわけではなく、依頼された内容によっては、働く場所を制限されるケースもあります。
ここでは、フリーランスの働く場所について纏めてみました。

フリーランスの働き方

フリーランスと聞くと、「会社に縛られず自由に働く」「クリエイティブな仕事を好きな場所で」などのイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、無報酬のアマチュアではなく、対価として報酬を頂く以上、プロとしての自覚と責任は必要です。
そのため、会社員以上にシビアな面もあります。依頼された内容の品質を確保し、合意した期日に確実に納品できない場合、報酬を頂けないケースも十分あり得ます。

フリーランスとしての働く場所

それでは、フリーランスはどこで働いているのでしょうか。
大きく分けると、自宅などで仕事をする「テレワーク型」とクライアント先へ出向く「常駐型」があり、仕事の内容に応じて、一長一短があると言えます。

テレワーク型・常駐型

テレワーク型

テレワーク=tele(遠く)+work(働く)と言う意味で、遠隔地で働く総称として使われています。リモートワーク、在宅ワークもほぼ同義語と思ってよいでしょう。
自宅やカフェ、シェアオフィス、コワーキングスペースなどが主な仕事場で、仕事への関わり方は大きく2パターンに分けることができ、「特定クライアント向け」「不特定クライアント向け」があります

・特定クライアント向け

過去の人脈や取引先などから依頼された仕事を受注し、自宅等で作業をします。
短期スポットの仕事から中長期にわたり継続的に依頼される場合もあり、経理処理、データ入力からシステム開発まで職種も幅広く、フルタイムからすきま時間まで様々な仕事がある。

メリットとしては中長期の取引になると人的関係が強くなる傾向があるので、状況に応じて仕事量なども調整しやすくなる傾向となることが挙げられます。
ただし、顧客へ依存するという点では少しリスクもあります。

・不特定クライアント向け

顧客を特定せずに自分の保有するスキルを活用して報酬を得ていきます。利用される体表的なサービスとしてクラウドソーシングがあります。
クライアント(発注側)がインターネット上で仕事を業務委託する仕組みで、手切れの良い短期スポットの仕事が多いです。
ロゴデザインや記事作成、ホームページ制作など幅広い職種の仕事があり、主にすきま時間の活用が主な働き方になっているようです。

保有するスキルを活用してすきま時間で報酬を得れるので、アマチュアからプロフェッショナルまで状況に応じて働けるメリットがあります。
一方でクライアント(発注側)は仕事を公募形式で依頼することで費用を安くしたい思惑もあるため、対価が見合わない仕事も出てきています。
また、特にクリエイティブなものの場合は相場や標準価格がつきにくく、実績や知名度などで対価が大きく変わっています。

常駐型

テレワーク型の特定クライアント向けの仕事と目的は同じ場合もありますが、手段として依頼元に常駐することが大きく違います。
主に、コンサルティングやIT業界でのシステム開発や構築などの職種に多いのが常駐型です。
一人で短期の仕事をする場合はテレワーク型でも可能ですが、クライアントと共同で成果を出す場合やコミュニケーションが密に必要な仕事は常駐したほうが効率も良いですし、また、セキュリティ上外部へ持ち出せない仕事の場合など、依頼元に常駐せざるを得ないケースもあります。

常駐型のメリットとしては、収入が安定する事でしょう。比較的中長期の仕事が多く、弁護士のように専門能力をタイムチャージ(時間清算)で提供するケースが多いため、働いた分が全て報酬へ繋がり、リスク低減が図れます。
一方でクライントと共同で仕事を進める場合は、同じ空間・時間を過ごす必要性があるため、働く場所と時間を自由に選びたいからフリーランスを希望した、という人にとっては少し窮屈に感じるかもしれません。

常駐型の仕事を探すには、いわゆるエージェントと呼ばれる案件紹介サービスを利用するのが一般的です。

働く場所は一長一短

テレワーク型と常駐型、働く場所については一長一短があると思います。
例えば、自宅=働く環境となると仕事内容の向き不向きもあります。
また、突き詰めていくと、仕事部屋を作り、機材を揃えたりする費用もかさんでいくため、在宅でできる仕事には限界があるでしょう。
そのため、結果的にブラック企業と同じような働き方になる方もいらっしゃるようです。フリーランスには労働基準法は適用されないため、どのように働くのかは本人の自由ですが、勤務時間の成約や、通勤時間の成約などの中で働くほうが働くペースを保てる場合もあります。
それでも常駐型を好まない場合は、コワーキングスペースの活用も検討すると良いでしょう。

常駐型は一見会社員と同じような働き方です。しかし、どこかの社員となって、就業規則を守り、出世出来るかどうかを気にしながら働くのに比べ、精神的な開放感はやはりフリーランスの魅力と言えるでしょう。
また、常駐しているとはいえ、その仕事との関わりを自ら絶ち、別の仕事に移る自由も約束されています。出世して給与アップ出来るかどうかを伺いながら働くより、自ら提示する希望単価で働ける喜びも大きいと思います。

テレワーク型と常駐型、柔軟な働き方ができるのもフリーランスならではと言えると思います。

→フリーランスにはどのような働き方があるのか

まとめ

仕事を受注して報酬を得る。これは企業でもフリーランスでも同じで、まずは「信頼」が必要です。
信頼できる相手を見つける手段として早く確実なのは既に信頼がある知人・友人です。また、既に実績のある以前の取引先や一緒に仕事をした人と取引を継続することもごく自然な事でしょう。
一方で、仕事が特殊でクライアントを見つけることが困難だったり、人脈が薄い場合は、クラウドソーシングやエージェントなどのサービスが充実してきているので、活用してみてはと思います。
また、働く場所については一長一短です。しかし、そのどちらかに限定する必要すらないのがフリーランスの魅力です。どちらが自分に合うかを比べながら働くのも良いでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

FOSTER FREELANCE 2021年度3Qレポート

フォスターネット広報です。弊社にて2021年度10~12月度(以下3Q)における、新規でご契約をさせていただいた案件のデータをもとに3Qの動向をまとめました。例年、10月は多くのプロジェクトで人材の入れ替わりが激しく大きく動く傾向がありますが、2021年の10月は特に多くの方が案件を切り替えられました。これは緊急事態宣言下で様子を伺っていた方たちが、コロナが一時的に収まったタイミングで案件の変更を希望されたと考えられます。

白色申告とは?そのやり方から青色申告との違い、提出方法まで幅広く解説[白色申告とは]

IT業界であってもフリーランス、個人事業主として働き始めた方は確定申告をしなければなりません。確定申告とは簡単に言うと「前年の1月1日から12月31日までの収入と支出」を税務署に報告し所得を計算し、それに従い所得税を納付することです。そしてフリーランス、個人事業主の方が確定申告をする場合、白色申告と青色申告という2つの申告方法があり、どちらかを選ばなければなりません。この2つの申告方法には、それぞれメリット、デメリットがありますが、最初は白色申告から始めるのが簡単で確実です。そこで白色申告について詳しく説明します。まず白色申告を覚えることが確定申告を知る基本でもあるからです。

白色申告とは?そのやり方から青色申告との違い、提出方法まで幅広く解説[ 白色申告の書き方 ]

白色申告の確定申告を行う場合、記入する書類は「収支内訳書」と確定申告をする人全員が作成する「確定申告書B」の2種類です。まず収支内訳書を作成し、それから確定申告書Bを作成します。順を追って記入内容をご説明致します。なお、書類は全て自動処理されますので、記入に当たっては黒のボールペンを使用して下さい。

個人事業主になるにはどうすればいいの?なるために必要な手続きやステップをもれなく解説

多様な働き方が存在する2020年代において、大きな注目を集めているのが「個人事業主」です。 個人事業主に対して漠然とした興味を持っていたとしても、個人事業主になるためにはどうしたら良いのか?がわからない方も多いかもしれません。そこでこの記事では、個人事業主にまつわる以下の項目について解説します。

フリーランスの確定申告を徹底解説!やり方や必要書類、注意事項など幅広く説明

特定の法人に属さないフリーランスや個人事業主の方は、確定申告を行うことで所得税を文字通り「確定」する必要があります。所得税の「確定」によって、住民税や国民健康保険料が決まるためです。 とはいえ、フリーランスや個人事業主の方の中にも、何故確定申告をしなければならないのか?その意義を把握していない方も少なくありません。 この記事では、フリーランスの確定申告について次の項目を解説していきます。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集