フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › プログラミングの資格取得10選、これなら迷わず決められる

プログラミングの資格取得10選、これなら迷わず決められる

  • Facebook
  • Twitter
  • note

「プログラミングを勉強したい」という方は、プログラミングに関する資格取得を目指して行えば、目標が明確となりスキル習得もより早まるはず。そこで、プログラミング関連の資格を10個ご紹介します。また、就職や転職に役立つこともあるので、参考にしてみてください。

 

プログラミング検定資格勉強法

Java SE 7 認定資格

Javaによるオブジェクト指向プログラミングの技法とファイルI/OをはじめとするコアAPIを使用したJavaアプリケーションの作成方法に習熟していることを証明する資格です。

C言語プログラミング能力認定試験

システムの仕様変更に対応して実際にコーディング・コンパイル・デバッグを行ったり、プログラムを完成させる能力を測定する認定試験です。

Ruby技術者認定試験制度

Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とした認定試験制度です。

ORACLE MASTER Silver Oracle PL/SQL Developer

利用価値の高い、PL/SQL言語について高度なスキルを習得していることを証明する資格です。

IPA基本情報処理技術者試験

「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル2)で、「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者」を対象者像として規定しています。

IPA応用情報処理技術者試験

「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル3)で、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象者像として規定しています。

マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー (MCSD)

内部設置型とクラウドの両方で、複数のテクノロジにわたる革新的なソリューションを構築する能力を証明します。

CIW Web Development Professional Certification

インターネットの資格を一挙に認定する機関で国際標準規格です。世界で20万人が合格していると言われています。主にWebデザイナーやWebアプリ開発者向けの資格です。

情報検定(J検)

「情報」を扱う人材に必要とされるICT能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。

JSTQBテスト技術者資格認定

JSTQBは、ソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織です。全世界の国際資格ISTQBとも連携しています。

最後に確認して欲しいポイント

プログラミング資格と言っても広範囲、多岐にわたりますが、ますは自分の置かれている状況に合致した資格取得を目指すことをお勧めします。資格取得の勉強をさらなるスキルの向上につなげましょう。

ITキャライアオンラインおすすめ記事

●転職体験談、SEが就職する時に考えておくこと

●エンジニアの自分を売り込むための、職務経歴書5つのポイント

●プログラミング検定(情報処理)最短で成果が上がる勉強法

●応用情報技術者試験、出来るSEなら必ず取得、勉強方法

●プログラマー初心者が、最短で仕事につく方法

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

ゲームテスターとはどんな職業?その仕事内容や年収、必要なスキルを解説

ゲームテスターという職業をご存じでしょうか? 仕事内容は、ただ、ひたすらゲームをするだけです。ゲームが好きな方なら「え? それが仕事になるの?」と驚かれるかもしれません。実際にゲーム開発会社では今も多くのゲームテスターが一日中、発売前のゲームをプレイしています。それがゲームテスターの仕事であり、ゲームテスターがいないとゲーム開発は不可能なのです。ここでは、そんな、ちょっと変わった仕事であるゲームテスターについて詳しく述べてみたいと思います。

Webエンジニアとは?なるために必要なことは?未経験者が抑えるべきWebエンジニアのいろはを徹底解説

IT化、DX化が叫ばれる現代において、注目を集める職種の1つである「Webエンジニア」ですが、そもそもどういった職種なのか詳しくは知らない、といった方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、Webエンジニアの仕事内容はもちろん、キャリアパスや将来性、おすすめの勉強法まで幅広く解説します。

「データアナリストとはどんな職業?」仕事内容やデータサイエンティストとの違いを解説

コロナ禍の中、低迷するビジネスの需要を拡大するため、様々な企業で自社データの活用を検討しています。このような環境下、データ活用の専門職である「データアナリスト」はビジネスを活性化させるプロフェッショナルとして多くの企業から注目を浴びています。そこでこの記事では、データアナリストの概要から気になる年収や将来性までを詳しく解説します。記事は5分程度でお読み頂けますので、ぜひ最後までお読み頂いてデータアナリストの知識を深めてください。

【エンベデッドシステムとは?】特徴や資格試験に関して幅広く解説

近年、我々の生活を便利にするモノとしてスマート家電やドローンカメラ等のIoT製品があります。これらの製品を実用化する際に最も重要な役割を担っているのがエンベデッドシステムです。しかしながら、「エンベデッドシステムとは何?」、「エンベデッドシステムはどんな技術なの?」と言う声を良く聞きます。そこでこの記事ではエンベデッドシステムの概要から特徴や関連の資格試験までをしっかりと解説します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集