フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › ITエンジニア

ITエンジニア

フリーエンジニアが案件の募集要項を見る際の重要なポイントとは? フリーエンジニアが案件の募集要項を見る際の重要なポイントとは?

フリーランスになると会社勤めの頃とは異なり、何から何まで自分で行わなければなりません。特に独立起業直後は、やるべきことが次から次へと噴出し、雲を掴むような思いで眠れぬ日々を過ごすことがほとんどで気が休まる暇もありません。

SES契約(技術者派遣)ITエンジニアのメリット・デメリット SES契約(技術者派遣)ITエンジニアのメリット・デメリット

21世紀に入って広く普及したIT技術は、これまでの働き方やライフスタイルをまさに「革命」と呼ぶに相応しい大きな変革をもたらしました。

今やITは、それなくしては企業活動が成り立たなくなるほどに浸透し、絶対に欠くことのできないものとなりました。

ITエンジニアがフリーランスになるために必要な事 ITエンジニアがフリーランスになるために必要な事

現在、中堅どころで活躍しているITエンジニアがこの道に足を踏み入れたのは恐らくITが私たちのライフスタイルを大きく変えた「IT革命」の真っただ中であったと思います。

「失われた10年」とまで呼ばれた不況などどこ吹く風、これまで高嶺の花であった携帯電話やパソコンが一人一台持っていて当たり前の時代になるまでそう長くはかかりませんでした。

名前は似ているけどぜんぜん違う!? IT業界における代表的なエンジニアの種類 名前は似ているけどぜんぜん違う!? IT業界における代表的なエンジニアの種類

IT産業は規模拡大にともなって業務が細分化し、様々な役割を担うエンジニアが誕生しました。

エンジニアとひとくくりにしてしまうのは簡単ですが、そこにはそれぞれの分野のスペシャリストが各自の役割を全うしています。IT産業は家づくりにも似ています。

未経験からセキュリティーエンジニアを目指すためには? 未経験からセキュリティーエンジニアを目指すためには?

IT業界は、人材不足が深刻化しているといっても誰でも務まる仕事ではありません。ましてや、顧客情報流出事件やマイナンバー制度の開始などセキュリティーに関する話題に事欠かない昨今、未経験からのセキュリティーエンジニアへの挑戦は敷居が高いといえるでしょう。

ITエンジニアがフリーランスで成功するための4つの考え方 ITエンジニアがフリーランスで成功するための4つの考え方

2015年10月14日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

正社員が安定しているとは言っても、年功序列や定期昇給といったかつての会社のカタチは徐々に崩れつつあります。

会社で評価され、仕事がはかどり、出来るヒトになる仕事術 会社で評価され、仕事がはかどり、出来るヒトになる仕事術

2015年6月26日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。
 

毎日遅くまで身を粉にして働いているのにいつまで経っても評価されないと嘆いている人の話をよく耳にします。
 
その姿たるや「会社が恋人」とばかりに映り、会社がほぼ家の状態となり自宅はただ寝るだけの場所と化す生活を送っていると、気持ちにも余裕がなくなってきます。
 
そして、街を歩く幸せそうな人の姿を横目に真っ暗な自宅のドアを開けるとふと我に返るのです。私は何をやっているんだ…と。
 
ここまでくると精神にも変調をきたす恐れがあります。どんなに頑張っても会社から評価されない自分を「報われない星の下に生まれた」と呪い、「会社のせいだ」、「社会のせいだ」と愚痴る人たちの姿は、居酒屋にでも行ってみればいとも簡単に見つけることができるでしょう。
 

正社員とフリーランスの違いとメリットデメリット 正社員とフリーランスの違いとメリットデメリット

2015年9月16日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。


景気は回復傾向にあると言われていますが、その恩恵に与っているのはごく一部。

未だ「失われた20年」と言われる不況下にあって、年功序列や定期昇給といったかつての会社のカタチは徐々に崩れつつあるのが現状です。

テクノロジーが日々進化する中で求められるスキルも労力も過去とは比較にならないほど高度なものとなっているはずですが、

肝心の給料は据置きか徐々に目減りするという憂き目にあっているITエンジニアも多いでしょう。


IT技術者不足の背景にあるもの、多くの企業が抱える課題 IT技術者不足の背景にあるもの、多くの企業が抱える課題


今さら述べるまでもなく、IT産業は右肩上がりの成長を続けています。まだまだ民間レベルでは実感は難しいものの、近年の景気回復傾向にともなって大企業を中心に情報システムへの投資拡大や、大規模プロジェクトが着々と進んでいます。

特に、2016年1月から始まるマイナンバー制度に対応すべく安全管理措置の必要からセキュリティー対策の強化が多くの企業の課題となっており、IT技術者は深刻な人手不足の状況に陥っています。

加えて、2016年は、IoT(モノのインターネット)が黎明期を迎えるとされ、日々進化するテクノロジーとは裏腹に、その進化を下支えする人材が足りなくなるという救いがたいジレンマに陥りつつあるのです。

今回は、そのようなIT技術者不足の背景について考察を加えていきます。

フリーランスの自分を売り込む、職務経歴書5つのポイント フリーランスの自分を売り込む、職務経歴書5つのポイント

2015年9月18日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスが初めて取引する企業との契約を取り付ける際、職務経歴書の提出を求められることがあります。企業からすればフリーランスとの取引は、正直な話はじめは「どこの馬の骨ともつかぬ人間」と仕事をするようなものです。

スキル不足やミスマッチを避けるために、彼らがこれまで「何をしてきたか?」「何ができるか?」を知りたがるのは当然のことと言えます。

仕事を進めるうえで最も大切なのはコミュニケーションであることは疑う余地もありませんし、最終的には「人柄」がモノを言うことが多いのはどの業界も同じです。


フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集