フリーランスITエンジニアの案件・求人トップ › フォスタージャーナル › FOSTER FREELANCE 2021年度3Qレポート

FOSTER FREELANCE 2021年度3Qレポート

  • Facebook
  • Twitter
  • note

フォスターネット広報です。
弊社にて2021年度10~12月度(以下3Q)における、新規でご契約をさせていただいた案件のデータをもとに3Qの動向をまとめました。

例年、10月は多くのプロジェクトで人材の入れ替わりが激しく大きく動く傾向がありますが、2021年の10月は特に多くの方が案件を切り替えられました。
これは緊急事態宣言下で様子を伺っていた方たちが、コロナが一時的に収まったタイミングで案件の変更を希望されたと考えられます。

*一方で、1月中旬以降のオミクロン株の流行では、需要は下がっておらず、4月も
ITフリーランスの方が活発に動くと予想しています。

1Q https://freelance.fosternet.jp/journal/foster-journal2021_1q_report/

2Q https://freelance.fosternet.jp/journal/foster-journal2021_2q_report/

技術要素

 

1.C#

3Qでご参画が決まった方たちの保有スキルセットで最も多かったのはC#でした。
これは弊社にとっても比較的珍しい傾向で、約13%の比率となっています。

決定した案件は様々な系統に分かれますが、Webシステム/パッケージソフト/デスクトップアプリ、組み込みなど多岐にわたり活用される言語であるため、このタイミングで多くのITフリーランスの方にご契約をいただくことができました。

しかしながら、全体のトレンドとしてはパッケージソフト/デスクトップアプリともにSaaS化が進んでおり、.NET系の案件でもWeb経験を強く求められる傾向にあります。
また、Blazorを尚可スキルとしている案件が増加しています。
3Qご参画いただいた件数は少数ではありますがAzureの案件も伸びてきており、今後それに伴いC#.NET案件やMS系のミドルを用いた構築も増えるのではと推察しています。

2.Java

弊社では以前よりJava案件を多く保有しており、3Qでもその傾向は続いています。
ご参画が決定した方の11%はJava案件となっており、引き続きJavaの需要は高く推移しています。
Java案件で参画が決まったプロジェクトの約半数はSpringBootが必須もしくは尚可スキルとなっており、Java+SpringBootのスキルセットをお持ちの方は特に需要が高くなっています。

3.PHP

Javaと同率2位となったのはPHPとなります。
PHPは現状Laravelが必須スキルになるケースが多く、条件の良いPHP案件はほとんどがLaravelでの豊富な経験が求められています。
また、Laravelを使用するものの、必須スキルとしていない案件ではエントリー数が非常に多くなっており激戦となっています。

4.社内SE/保守運用

スキルセットとしては様々な要素があるのですが、3Qは社内SE/保守運用でのご契約を多くさせてもらいました。
全体の13%は社内SE/保守運用となっており、比較的上流を得意とする方に多くご登録をいただいている弊社としてはこちらも珍しい状況です。
社内SE/保守運用は入れ替わりが少なく安定したポジションですが、コロナ禍で案件を移ることを控えていた方たちがこのタイミングで次の案件に移行した為、多くの募集があったと考えられます。

5.クラウド

今回は主要技術でパブリッククラウドを求められるご参画先は減少しています。
これは、AWSをはじめとするクラウド技術が細分化されてきており、どのサービスを経験しているかによって、求められるポジションが明確に変わっているからと捉えています。
弊社では大きく分けて以下の3パターンとなっています。

① サーバレスアーキテクチャを実現する基盤構築+開発スキル
② 効率化を図るCI/CDの強化ができるご経験
③ オンプレ環境をクラウド環境へリプレースする大規模インフラのご経験

業務系とサービス系の案件では求められるスキルセット/ご経験が大きく異なるのですが、マッチ度が低い案件へエントリーを進められるケースも多くみられます。
もし、領域を変えていきたい意向がございましたら、一度ご相談をいただければと存じます。

また、2Qレポートでも記載しておりますが、クラウドの中でAzureのシェアが増加しており、それに伴いAzureのポジションが拡大しています。
オンプレ環境でWindowsに強い方や、MS系のミドルウェアに強い方でもAzure案件へエントリー可能なケースも生じております。
クラウド経験を積みたい方には絶好のチャンスとなりますので細かく案件情報の確認をされることをお勧めします。

6.その他

2022年3Qでは上記のランクには登場していませんがPythonでの案件も多くの方にご参画をいただいております。
データ分析に伴うデータマネジメントやDjango、Flaskを用いたWeb開発では引き続き需要が高くなっています。
一方でAI/機械学習の案件ではPythonのご経験はもちろんのこと、数学の知見やAIのプロダクト経験なども求めれらるケースが多く非常にハードルが高くなっている印象です。

業界

 

報酬



2022年3Qに弊社からプロジェクトへご参画いただいた方の平均単価は約66万円となっています。
これは2Qと比べやや高くなっていますが、過去の弊社実績よりは下回っております。
平均単価が下がっている要因ですが、顧客の予算が減って相場観が崩れているのではなく、ご参画いただいた案件のバリエーションが増えたためと分析しています。

特に3Qは、前述の運用SEやアプリケーションの運用、事務よりのSEサポート、サイト作成におけるコーディングポジション、Webデザインなどの案件にもご参画をいただきました。
弊社が今まで得意としていた上流~対応するITプロジェクトに比べると、金額面では低くなる案件でご参画いただくケースが増えてきており平均単価を押し下げていると考えています。

一方で全体の9%は100万円を超える報酬となっております。
案件のバリエーションが増えたことも影響して、二極化が進んでいるといえそうです。
20代後半~30代前半のご登録者様からは、
「今後、単価を上げる為にはどのようにすればよいか?」
とのご相談を受けることも多くなっておりますが、弊社では高額案件の実績も豊富にありますので、ご相談をいただければ長期的視点に立ったキャリアプランをお話しさせていただければと存じます。

年齢

3Qでご契約を進めさせていただいた皆様の平均年齢は約42歳です。
最年少で24歳の方で、最高齢で58歳となりました。
弊社では従来のボリュームゾーンは35~45歳となっておりますが、3Qはその層以外の方も多くご参画をいただいております。
特に、上流の案件では50代前半の方にご活躍いただくケースが目立っております。

リモート

弊社での3Qでのご参画案件では61%がフルリモート/基本リモートとなっています。
また絶対数は少ないものの、首都圏以外に在住の方がフルリモートで首都圏のプロジェクトに参画されるケースも増えてきています。

リモート可能な案件に関しては「一部リモート」や「週に数回はリモートが可能」という案件を含めるとリモート案件率は高くなりますが、一時に比べるとフルリモートや基本リモート案件はやや減少している印象です。
*弊社の全契約では1月末時点で約91%がリモートメインとなっています。

最後に

ご参画いただいた案件の傾向として、1~2Q比べてC#の案間が急増していますが一過性の変化として考えており、大きなトレンドとしては同じ傾向が続いていると認識しています。

今後しばらくは

  1. Java
  2. PHP
  3. AWS

がITフリーランス案件の中心として推移していくと捉えています。

サービス系、業務系ともに高い需要が続いており、エンジニア不足は深刻になっています。
しかしながら参画基準の下がっておらず、企業側もじっくり検討をしている様子が伺えます。
この数年で顧客の選考者に好まれるスキルシートの記載方法は変化をしており、数年間同じフォーマットでご経験を追記されているだけの方は、お手すきの際にご自身のスキルシートをブラッシュアップされることをお勧めします。

*弊社の職務経歴書の書き方はこちらになります。是非ご参考になさってください。
https://freelance.fosternet.jp/journal/effective_resume_writing2018/

  • Facebook
  • Twitter
  • note

おすすめ記事

バックエンドって何?フロントエンドとの違いについても徹底解説

昨今、IT業界では様々なエンジニアが存在します。その中でも幅広い分野の開発現場で働くバックエンドエンジニアの需要が高まっています。一方で「バックエンドエンジニアとはどんな職種なのか?」、「バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアは何が違うのか?」等々の疑問を良く聞きます。そこでこの記事ではバックエンドエンジニアの概要とフロントエンドエンジニアとの違いやサーバサイドエンジニアとの違い、業務内容、平均年収までをしっかりと解説します。

ゲームテスターとはどんな職業?その仕事内容や年収、必要なスキルを解説

ゲームテスターという職業をご存じでしょうか? 仕事内容は、ただ、ひたすらゲームをするだけです。ゲームが好きな方なら「え? それが仕事になるの?」と驚かれるかもしれません。実際にゲーム開発会社では今も多くのゲームテスターが一日中、発売前のゲームをプレイしています。それがゲームテスターの仕事であり、ゲームテスターがいないとゲーム開発は不可能なのです。ここでは、そんな、ちょっと変わった仕事であるゲームテスターについて詳しく述べてみたいと思います。

開業届の正しい書き方・必要書類徹底解説!提出の流れやタイミングまで幅広くご説明します

働き方の選択肢が多様化したこともあり、個人で事業を行う方も増加傾向にあります。個人で事業を始める際に必要となるのが、「開業届」の所轄の税務署への提出です。 開業届が未提出のままでは、税金の優遇措置が受けられません。事業者としての金融機関への口座開設も難しくなるなどのデメリットが発生する可能性も。この記事では、開業届にまつわる次の項目を解説します。

データサイエンティストの年収は?仕事内容や必要なスキルを解説

データサイエンティストは年収が高い職業として知られています。 地域別に見ると都会では600万円から670万前後、地方では690万円から700万円台後半と高めとなる傾向があります。またデータサイエンティストが対象とするデータには色々な種類がありますが、これらの種類別に収入の差は見られません。データサイエンティストの仕事はデータを分析し、そこから有益な結果を引き出すことです。そして、その引き出した結果について、しっかりと明確な説明ができなければなりません。また、その結果の品質保証の基準となるものを示す必要もあります。そのため、数学、統計学、可視化などの多種多様な手法を心得ておかねばならず、多くの知識を要求されるので大変な勉強が必要ですが、来るべきAIの時代には必ず必要となる将来性は抜群の職業でもあります。 そんなデータサイエンティストについて詳しく説明してみましょう。

個人名義での領収書の書き方徹底解説!項目ごとの記載方法や印鑑に関してまで幅広く説明

ビジネスにおいてお金の管理をするうえで、領収書は必要な書類のひとつです。フリーのエンジニアの場合、ご自身で領収書を作成することになるかと思われます。 その一方で、領収書の書き方や管理に関するルールを正しく把握しているか?と問われた際に、明確に答えられる方が多いとは言えないのも事実です。 この記事では領収書にまつわる次の項目を解説します。
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集