フォスタージャーナル

ITエンジニアが絶対に読むべき本、厳選されたおすすめの14冊 ITエンジニアが絶対に読むべき本、厳選されたおすすめの14冊

駆け出しITエンジニアの場合、現場に入って手を動かすことはもちろん必要ですが、書籍から得られる情報や知識も財産になります。
コストパフォーマンス、費用対効果という点を考えると、書籍は非常に有用です。

健康第一!フリーランスのための医療保険入門 健康第一!フリーランスのための医療保険入門

フリーランスにとって自分の身体は大切な資本です。フリーランスとして、せっかく自分だけのスキルを身につけて、高単価なお仕事を受注できたとしても、働く自分の健康が損なわれていては、クライアントに喜んでもらえるお仕事をこなすことができないかもしれません。フリーランスにとって自分の健康を管理することは必須の条件と言えるでしょう。

フリーランスにとってのマイナンバーカードメリットと注意点 フリーランスにとってのマイナンバーカードメリットと注意点

日本国民全員に12桁のマイナンバーを割り当てたマイナンバー制度は、社会保障や税などの分野に限定して運用されています。このマイナンバーを記載したカードがマイナンバーカードで、身分証明書などとして利用することが出来ます。

ITエンジニアとして確実にステップアップできる資格とは ITエンジニアとして確実にステップアップできる資格とは

ITエンジニアとしての市場価値をあげていく方法として、実務経験の年数を積んでいく他に、「資格を取得する」ことが挙げられます。
IT業界は基本的にはスキルを求められますが、資格を取得することで第三者に一定のスキルを持つことを証明できます。

今回は、さらに上を目指したいITエンジニアへ向けて、おすすめの資格を紹介します。

初心者必見!フリーエンジニア流の仕事の取り方 初心者必見!フリーエンジニア流の仕事の取り方

フリーエンジニアにとって自慢の技術と同等に大事なことは、お仕事を取ってくる能力です。どんなに早く、どんなに正確に、そして、どんなに画期的なプログラムを作れる技術を持っていたとしても、仕事がなければ始まりませんね。

この記事では、フリーエンジニアとして働き始めたけれども、どうやって仕事を取ってきたらいいのかがわからない人に向けて、仕事の取り方とそのコツを解説します。

未経験からフリーランスのITエンジニアになるには 未経験からフリーランスのITエンジニアになるには

フリーランスのITエンジニアを目指す場合、いくつかの方法があります。
フリーランスとして安定した収入を得るためには、案件を継続して獲得することが必要です。
そのための具体的な方法や、フリーランスITエンジニアになるメリットや種類、平均年収などをまとめました。

フリーエンジニア必見!堅実な節税対策のポイント フリーエンジニア必見!堅実な節税対策のポイント

自由な働き方をするフリーエンジニアでは、どのくらい稼ぐのかも自分の腕と裁量次第です。どれくらい稼ぐとどれくらいの税金がかかってくるのかをしっかり把握して、自分の収入に合わせた節税対策を練らないと、必要以上に税金を払ってしまうことになるかもしれません。

クラウドソーシングサービスを利用する際に知っておくべき注意点 クラウドソーシングサービスを利用する際に知っておくべき注意点

副業や在宅で仕事をするのが当たり前になってきましたが、企業に比べて営業力などが劣っているフリーランスにとっては、クライアントとマッチングしてくれるクラウドソーシングサービスはとてもありがたいものです。

ITエンジニアが必ず知っておきたいリモートワークの注意点 ITエンジニアが必ず知っておきたいリモートワークの注意点

新型コロナウイルス(COVID-19)への感染対策の一環として、新たにリモートワークが取り入れられたという人もいるでしょう。WEB会議システムやクラウドシステム、コミュニケーションツールの充実により、リモートワークに注目が集まっています。

フリーランスの仕事効率up 4つの自己管理術 フリーランスの仕事効率up 4つの自己管理術

 

自由な生き方を実現できるフリーランスという働き方!2019年の大手クラウドソーシングサイトLancersの発表している「ランサーズフリーランス実態調査(2019年)」によると、現在日本には、1,087万人ものフリーランスでの活動をしている人がいるという結果が示されています。

271
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集