ITエンジニア

IT企業に就職を目指す前に知っておくべき事とは? IT企業に就職を目指す前に知っておくべき事とは?

「就職」は人生における最大のライフイベントの一つと言っても過言ではありません。転職や独立起業が当たり前の時代になったと現代でさえ、最初に就職した会社はその人の仕事観や人生観に多大な影響を与えます。

求められるフリーランスITエンジニアとは

企業がフリーランスITエンジニアを求めている理由をご存知でしょうか。ユーザー企業にしろ、SI企業にしろ、概ね以下の理由からと考えられます。

ITエンジニアが今すぐ活用すべき転職サイト5選 ITエンジニアが今すぐ活用すべき転職サイト5選

現在、IT業界は大変な売り手市場であると言われています。

例えば2018年1月に転職サイトDODAが出した業種ごとのレポートによるとIT・通信分野での求人倍率は5.92%となり、実に求職者1人あたり6件近くの求人があることになります。

フリーランスになるなら今年がポイント!? 2018年問題を考える。 フリーランスになるなら今年がポイント!? 2018年問題を考える。

皆さんは「2018年問題」という言葉を聞いたことがありますか?今年、2018年は社会・経済に大きな影響を与えるいくつかの出来事があります。

今回は、それらの出来事「労働環境の変革」「人口減少」「教育環境の変化」について、どのように対応していけば良いのか。ともに考えていきましょう。

フリーランスにも影響あり!?RPAの導入による変化とは フリーランスにも影響あり!?RPAの導入による変化とは

皆さんはRPAという言葉を聞いたことがありますか。RPA(Robotic Process Automation)とは、事務作業や経理処理などこれまで人間がオフィスでやってきた単純作業を全てコンピュータに代行してもらおうとするものです。

このRPAの導入により社会はどのように変わるのでしょうか。また、ITエンジニアはRPAにどのように関わっていくべきなのでしょうか。

働き方改革-ITエンジニアでも時短勤務を選ぶ人が増えている 働き方改革-ITエンジニアでも時短勤務を選ぶ人が増えている

「時短勤務」と言えば、皆さんはどういったものを思い浮かべますか。皆さんの多くは、以下のような働き方であるといったイメージを持っているのではないでしょうか。

ITエンジニアも無関係ではない「2020年問題」。なぜ起こり、どうすれば乗り越えられる? ITエンジニアも無関係ではない「2020年問題」。なぜ起こり、どうすれば乗り越えられる?

皆さんは2020年と聞くと、何を思いうかべますか。いろいろあるでしょうが、もっとも多くの人が「東京オリンピック」と答えるのではないでしょうか。特に首都圏では、オリンピックを見据えて道路やマンションなど建設ラッシュが続いています。いわゆる不動産バブルと言っても過言ではない状況です。

しかし、オリンピックが終わればこれはどうなるのでしょうか。建設した多くのものが使われなくなり、価値が暴落するかもしれません。これも「2020年問題」です。

今回は、「2020年問題」とはどういうものか、そしてなぜ起こるのか。ITエンジニアにもリスクがあるのか、といったことについて取り上げます。

WEBサービスを多用するフリーランスなら知っておきたい2段階認証の仕組み WEBサービスを多用するフリーランスなら知っておきたい2段階認証の仕組み

既にじわじわと浸透し始めている「2段階認証」ですが、具体的にどのような仕組みになっているかご存知でしょうか。

パソコンやスマートフォンを使ってWebサイトを閲覧したり、アプリを使ったりするときにパスワードを2回入れたり、指紋など別の認証を求められたという経験をお持ちの方も多いと思います。この「2回の認証を求められる」という仕組みが2段階認証です。

今回は、この2段階認証はどういうもので、なぜ必要になり、広がりを見せているのか。一緒に見ていきましょう。

50代のITエンジニアが「老害」「人罪」になる? 50代のITエンジニアが「老害」「人罪」になる?

「あなたの会社に50代のベテランエンジニアはいますか?」「彼らはしっかりと仕事をしていますか?」。

今、さまざまな経験をしてきて豊富な知識を持っているはずの50代のベテランエンジニアが、企業にとって逆に足かせとなっているケースが問題になっています。

未経験からITエンジニアとしてデビューするには何歳までが限界なのか? 未経験からITエンジニアとしてデビューするには何歳までが限界なのか?

「今の仕事よりもっと良い仕事がしたい」「別の仕事にチャレンジしてみたい」と考えた時に、問題になってくるのが「未経験であること」です。しかし、「未経験であること」は、しっかりとした戦略を持って準備を行うことである程度カバーできます。

159
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集