転職

ITエンジニアとして海外転職する方法とメリット ITエンジニアとして海外転職する方法とメリット

海外でITエンジニアとして働くことについて、どのようなイメージを持たれていますか?

ITスキルはもちろん、言語スキルやコミュニケーション能力、海外生活での適応能力など、ハードルが高そうに感じるでしょう。

今回は、ITエンジニアとして海外転職することで得られるメリットや、海外進出する方法を解説します。

未経験からフリーランスのITエンジニアになるには 未経験からフリーランスのITエンジニアになるには

フリーランスのITエンジニアを目指す場合、いくつかの方法があります。
フリーランスとして安定した収入を得るためには、案件を継続して獲得することが必要です。
そのための具体的な方法や、フリーランスITエンジニアになるメリットや種類、平均年収などをまとめました。

SEが転職で成功するために、知ってほしい失敗例 SEが転職で成功するために、知ってほしい失敗例

SEと呼ばれるシステムエンジニアは今、かなりの売り手市場になっています。慢性的に続くITエンジニア不足にどの業界も頭を悩ませているからです。 しかし、沢山の情報を仕入れ、どんなに慎重な就職活動をしたとしても会社の本当の姿は実際に中に入ってみなければ分かりません。ベンチャー企業でありがちな、「SEが活き活きと働く、夢のある会社です」などと求人広告で使われる謳い文句に「だまされた」と気付いた頃にはもう手遅れとなってしまいます。

IT企業に就職を目指す前に知っておくべき事とは? IT企業に就職を目指す前に知っておくべき事とは?

「就職」は人生における最大のライフイベントの一つと言っても過言ではありません。転職や独立起業が当たり前の時代になったと現代でさえ、最初に就職した会社はその人の仕事観や人生観に多大な影響を与えます。

ITエンジニアが今すぐ活用すべき転職サイト5選 ITエンジニアが今すぐ活用すべき転職サイト5選

現在、IT業界は大変な売り手市場であると言われています。

例えば2018年1月に転職サイトDODAが出した業種ごとのレポートによるとIT・通信分野での求人倍率は5.92%となり、実に求職者1人あたり6件近くの求人があることになります。

SIerからWeb業界へ転職したいITエンジニアが知っておくべきポイント SIerからWeb業界へ転職したいITエンジニアが知っておくべきポイント

システムエンジニア(SE)として、システムインテグレータ(SIer)に勤務している人の中で、「Web業界へ転職したいなあ」と思っている方も少なくないはずです。

外資系IT企業への転職を目指すITエンジニアに重要なポイント 外資系IT企業への転職を目指すITエンジニアに重要なポイント

昨年、大手家電メーカーのシャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されたことは記憶に新しいところだと思います。今や情勢によっては日本企業も買収などで簡単に外国資本の傘下となってしまうのです。

ITエンジニアが目指すべき、本当の意味でのキャリアアップとは? ITエンジニアが目指すべき、本当の意味でのキャリアアップとは?

同じ職場に居続けても未来がないと考える人が増えてきており、キャリアアップ志向の人が目立ちます。

ITエンジニア未経験者でも大丈夫!採用を勝ち取るためのポイント ITエンジニア未経験者でも大丈夫!採用を勝ち取るためのポイント

新入社員の入社後3年以内の離職率は一般的に3割程度と言われています。これは、受験勉強よりもエネルギーを注いだかも知れない就職活動を経て、意気揚々と会社の門を叩いた人たちでさえも、3人に1人は3年を待たずして去ってしまう事実は、人生最大級の「選択」とも言える就職が如何に難しいものかを物語っています。

ITエンジニアに許される一般的な転職回数は? ITエンジニアに許される一般的な転職回数は?

最初に選んで(選ばれて)入社した会社が必ずしも本人に適した会社とは限りません。むしろ、入社後に湧き出る不満や疑問と折り合いをつけながら自らを会社の風土に適応させていく人がほとんどです。

41
フォスタージャーナルカテゴリー 
フォスタージャーナル検索 
よく見られている記事 
案件特集